【衝撃】マクドナルドが公式にトレードマークを半分に割る / 新型コロナウイルス感染予防のため「離れよう」

新型コロナウイルス


mc1

マクドナルドといえば、日本のみならず世界中で愛されている美味しいハンバーガーレストランだが、その美味しさと同じくらい有名なのがマクドナルドのマーク「ゴールデンアーチ」である。黄色のMのような形をしたマークは、人類の多くが知っているマークとしても知られている。

・マクドナルドのマークを半分に割る

そんなマクドナルドのマークだが、あまりにも衝撃的な展開があった。おそらく史上初、歴史上初、世界初、マクドナルドが公式に「マクドナルドのマークを半分に割る」という衝撃的な展開を実行したのである。

・厳密には「離れている」

何を言っているのかわからないかもしれないが、その形を見れば一目瞭然。マクドナルドのマークが半分に割れているのがわかる。しかしこれ、厳密には割れているのではなく、離れているのだ。

mc3

・均一に距離をおいて並ぶルール

マクドナルドのマークを半分にしたのはタイのマクドナルド。タイでも新型コロナウイルスの影響は深刻で、少しでも感染リスクを減らすため、飲食店では席をひとつ空けて座るルールにしている。タイのマクドナルドでは席を空けるだけでなく、カウンターに並ぶ際も、均一に距離をおいて並ぶルールを決めている。

・客の健康を第一に考えたユーモアある展開

新型コロナウイルスの感染リスクを減らすルール作りをするなか、タイのマクドナルドはブランドとして重要なイメージであるマークを半分にし、「離れよう」というルールの浸透を世間に知らせているのである。これは客同士の接触を減らすためであり、客の健康を第一に考えたユーモアある展開といえよう。

この離れたマクドナルドのマークは、タイのマクドナルドの公式Facebookやインスタグラムなどで確認することができる。その画像とともに #YourSafetyisOurPriority #SocialDistance #PersonalDistance などのハッシュタグをつけて周知を促している。

【続報】
【衝撃グルメ】タイのマクドナルドがジャパン祭り開催中 / おにぎり味のマックフライポテトが激しくウマそう

もっと詳しく読む: マクドナルドが公式にトレードマークを半分に割る / 新型コロナウイルス感染予防のため「今は離れよう」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/24/mcdonalds-mark-in-thailand-news/

Photo: McDonald’s Thailand