【炎上】埼玉県が会場使用料金の返還を示したがK-1を強行開催したことが判明 / 発熱で観戦者が新型コロナウイルス感染の可能性浮上

新型コロナウイルス


saitama-k1

新型コロナウイルスが猛威を振るい、感染者数を増やし続けているなか、クラスターと呼ばれる感染者を増やす原因リスクを減らすため、大規模なイベントの開催を自粛するよう、政府が広く周知している。そんななか強行開催された「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’FESTA.3~」(K-1)が物議を醸している。

・大規模イベントの開催の自粛ムード

K-1は2020年3月22日に埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されたが、すでに新型コロナウイルスの拡散が問題視されており、大規模イベントの開催の自粛ムードがあるなか、強行開催というかたちで多くの人たちが会場に集まった。

・発熱した人が出現したことでも炎上

そんななか、感染者のひとりが発熱を訴えていることが判明し、保健所と厚労省が把握。現在PCR検査中で、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認中だが、現在のところまだ結果が出ていない。強行開催だけでも炎上しているK-1だが、発熱した人が出現したことでも炎上。

・使用料金を返還する条件は受け入れず

さらに、埼玉県がK-1運営に対して大会の中止をお願いしていたが、それを受け入れず開催に踏み切っていた事も判明。また、埼玉県はさいたまスーパーアリーナの使用料金を返還するという条件も示したが、それも受け入れず、開催したとも報じられている。

・猛烈なバッシングの声

それらの報道が事実であれば、さいたまスーパーアリーナでのK-1開催が中止になったとしても会場使用料はかからないわけで、K-1運営の経済的負担は限りなく少なく済むはずなのだが、それでも強行開催したことになる。これに対して多くの人たちから猛烈なバッシングの声が出ており、炎上状態となっているようだ。

【続報】
【緊急事態】髙田延彦がブチギレ激怒 / 新型コロナウイルス関連で我慢の限界か「クソどもは知らんが勝手にやっとけや!」

もっと詳しく読む: 埼玉県が会場使用料金の返還を示したがK-1を強行開催したことが判明 / 発熱で観戦者がコロナ感染の可能性浮上(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/24/saitama-k1-kaisai-news/