【衝撃】インドでは外出した者はスクワットの刑 / 新型コロナウイルスで外出自粛を守らない国民

新型コロナウイルス


india1

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっているなか、外出禁止や外出自粛、そして都市封鎖などの対策が取られているが、それらのルールを破る者が続出しており、インドでは守らなかった罰としてスクワットの刑や、腕立てふせの刑などに処されている人が多くいるという。

・その場で刑が執行

インドでは新型コロナウイルスの影響で大規模な完全封鎖命令が出ており、基本的に一般人は許可なく自宅から出ることを禁じられている。しかし外出するものは後を絶たず、多くの人たちが警察官に捕まり、その場で刑が執行されている。

・「約束を破った罰」のようなもの

刑と言っても法的な刑というよりは「約束を破った罰」のようなもので、スクワットをさせられたり、腕立て伏せをさせられたりなど、肉体的な負担がかかる罰が強いられる。しかしルールを破ったのは罰を受けている側であり、かわいそうな気もするがそれも仕方ないことなのかもしれない。そんな声も出ている。

また、スクワットだけでなく、柔らかいのか硬いのかよくわからない棒で尻を叩かれるなど、追加の刑も執行されているようだが、痛いのか痛くないのか不明である。

もっと詳しく読む: インドでは新型コロナウイルスで外出した者たちはスクワットの刑(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/26/indian-severe-punishment-news/