【悲報】志村けん死去 / 70歳で新型コロナウイルに感染し闘病「入院数日前までスタジオ撮影」「人工心肺装置ECMO」

志村けんさん死去


shimura1

志村けんさん(70歳)が死去したことが判明した。志村けんさんは体調を崩したのち、新型コロナウイルスに感染していた事が発覚し緊急入院。その後、安定していると報じられたが、集中治療室で闘病を続け、2020年3月30日に死去の報道がなされた。

・志村けんさん死去で衝撃走る

志村けんさんの死去に対して日本に衝撃が走っているが、状態はかなり悪化していたとみられ、最初に入院した病院から、より高度な治療が可能な人工心肺装置ECMOの設備がある病院に転院。メディア取材に対して「日本COVID-19対策ECMOnet」のスタッフは「ECMOを使用する状態は最重症」「ECMOは最後の手段」との内容でコメントしていた。

・すぐ最近までスタジオ撮影

志村けんさんは3月10日にテレビ朝日の番組「あいつ今何してる?」にて、お笑いトリオ「ネプチューン」の3人や、女子アナの林美桜さん(25歳)とスタジオで撮影をしており、元気な姿をみせていた。また、それ以降も番組収録をしていたとの未確認情報もある。

<志村けんさんの時系列>
3月10日 テレビ朝日番組をネプチューンらと撮影
3月17日 倦怠感が出てくる
3月19日 発熱と呼吸困難の症状が出る
3月20日 悪化したため緊急入院する
3月23日 新型コロナウイルスの感染が確認される
3月24日 マスコミが感染を報じる
3月26日 意識混濁と報じられる
3月30日 亡くなったと報じられる

shimura2

・より強固な予防策を考えるきっかけ

新型コロナウイルスは高齢者が重症傾向があるといわれているが、志村けんさんは70歳という年齢もあり、今回の悲しい結果に繋がってしまったのではないかとの声も出ている。もちろん個人差や持病なども含めて総合的に考えなくてはならないが、日本国民が新型コロナウイルスに対してより強く恐ろしさを感じ、より強固な予防策を考えるきっかけになったかもしれない。

・多くの人たちから尊敬される存在

志村けんさんは、日本中の人たちを笑いで幸せにしてくれた偉大なる人物だ。特に「スイカの早食い」は昔から最近まで続けられていた芸である。多くの人たちから尊敬される存在であり、悲しみが溢れるほど彼の死を痛ましく感じている人が多数いる。私たちの大切な人達が同様の状態になる可能性があることを強く心に刻み、新型コロナウイルスの感染リスク低下に繋がる行動をとっていきたい。


もっと詳しく読む: 志村けん死去 / 70歳で新型コロナウイルに感染し闘病「入院数日前までスタジオ撮影」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/03/30/shimura-ken-coronavirus-news/

Photo: 彦龍

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。