【炎上】香川県ゲーム条例で捏造工作か / 可決させるためパブリックコメント増産疑惑「同じコメント複数ある」「IPアドレス疑惑」

プライベートIPアドレスの使用疑惑も浮上


giwaku1

香川県でネット・ゲーム依存症対策条例が2020年4月1日(水曜日)に施行され炎上している。これはインターネットやゲームなどの依存症対策を定めた条例となっており、県議会が賛成多数として可決した。これが公正な判断による可決した条例ならば炎上することはなかったはずだか、数々の不審で不信な部分が露見し、捏造工作によって可決に至ったのではないかと怒りの声があがっているのである。

・捏造や自作自演などの工作疑惑

今回のゲーム条例の可決に関して問題視されている点は複数あるが、特に物議を醸しているのは世間からの声をまとめたとされるパブリックコメントである。ゲーム条例はパブリックコメントの内容もふまえて可決に至っているが、集まったパブリックコメントの多くが捏造、偽装、ヤラセ、自作自演などの工作行為によって作られたものではないかといわれているのである。

・パブリックコメントには不可思議な点

パブリックコメントの信憑性を問題視している人たちは、単に想像や憶測、妄想などでクレームをつけているわけではない。メールなどで寄せられたパブリックコメントには複数の不可思議な点があったため「公正な判断で可決されていないのではないか」と怒りをあらわにしているわけである。

giwaku2
giwaku4

・偶然では説明がつかない

寄せられたパブリックコメントのうち2269件が「ゲーム条例に賛成」したもので、全体の84%に及んだという。しかし公開されたパブリックコメントひとつひとつを調べてみたところ、同じコメントが複数ある、同じIPアドレスが複数ある、送られた日時がほとんど同じなど、偶然では説明がつかない、あまりにも「捏造工作」的なパブリックコメントだらけだったのである。

この件に関してKSB瀬戸内海放送や複数のインターネットユーザーらが徹底的に調査をしたところ、現在、パブリックコメントの以下の点に関して不審点が確認されている。

<パブリックコメントの不審点>
1. 同じコメントが複数ある(最大173個)
賛成派のパブリックコメントを調べてみたところ、「みんなの意識が高まればいい」(174通)や「明るい未来を期待して」(140通)、「ネット、ゲームが子供達に与える影響様々ですので、賛成」(136通)など、同じコメントが複数発見されたとのこと。コメントが同じだけでなく、スペースや改行の使い方もまったく同じものだったという。

2. メールの送信日時がほとんど同じ
パブリックコメントはメールにて送られているのだが、多くのメールがほぼ同じ時間帯に連続して送られている。しかもそのコメントはどれも同じものであったりなど不審な点が重なっている。

3. 同じIPアドレスが複数ある
複数のパブリックコメントが同じIPアドレスであることもわかっているという。たとえばKSB瀬戸内海放送のVTRから確認できただけでも、「条例通過により明るい未来を期待して、賛同します」と「意識が高まれば良いと思うので賛同します」と「ネット、ゲームが子供達に与える影響様々ですので、賛成」と「ゲーム依存により、判断の乏しい大人を生み出さない為に賛成します」という別々のパブリックコメントが同じIPアドレス(192.168.7.21)であることがわかる。役所のシステム上、同じIPアドレスになるケースもあるのでそのあたりは調査が必要。

4. 複数のIPアドレスがプライベートIPアドレス
複数のパブリックコメントが同じIPアドレスから送られているとされているが、そのIPアドレス 192.168.7.21 が、プライベートIPアドレスである可能性が極めて高いとされている。大きく分けてIPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあり、それぞれ使用できるアドレスの数値が決まっている。

今回問題視されている 192.168.7.21 は、プライベートIPアドレスの範囲として決められている 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255 に入る。そのため、そのIPアドレスからのパブリックコメントは、ネット・ゲーム依存症対策条例のパブリックコメントに関係する建物内から送信されたことを意味している。システム上、どこから送信されたメールでも同じIPアドレスになるケースもあるので一概に捏造や工作と言い切れない部分でもある。

5. 「多数決ではない」と打ち消される
条例検討委員会はこのパブリックコメントの不審点に関して「パブリックコメントは多数決ではない」とした。つまり賛成や反対の数で可決するわけではないとしたわけだ。しかしその後、「賛成も多いし早く採決しよう」という声が出て、約20分ほどで決定されたと報じられている。


giwaku3
game1

・偶然では説明がつかない

あまりにも不審点が多すぎる今回のネット・ゲーム依存症対策条例の可決とパブリックコメント。何者かが可決させる方向にもっていくため暗躍した可能性がないとは言い切れず、香川県民のみならず、全国の人たちが怒りをあらわにしている。ゲーム業界も黙ってはいないのではないだろうか。

もちろんインターネット依存症やゲーム依存症は防ぐべき事であり、対策は必要といえるが、もし本当になんらかの不正が条例検討委員会の判断に多少なりとも影響を与えて可決したゲーム条例であるならば、それに従う必要はないだろう。今後、この件に関して関係者が追及されていくのは間違いない。

もっと詳しく読む: 香川県のゲーム条例で捏造工作か / 可決させるためパブリックコメント増産疑惑「IPアドレス192.168.7.21は関係者か」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/04/14/game-addiction-measures-regulation/

Image: KSBより引用

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。