【話題】刈谷市が水道料免除で住民喜ぶ / 横浜市は水道料値上げでブチギレ激怒「うちの林文子市長やってくれますわ」

新型コロナウイルス


neko1

新型コロナウイルスが世界的パンデミック状態となっており、感染者を増やし、そして多くの人たちの命を奪っているなか、問題視されている点が経済だ。外出自粛が要請され、緊急事態宣言が発令されたいま、飲食店のみならず多数の分野において経済が困窮状態に陥っている。

・非常に助かる対策

そんななか、2020年4月19日(日曜日)、愛知県刈谷市が水道料の基本料金を免除すると報じられ、多くの住民が歓喜した。来月から4か月間は水道料の基本料金を免除するという。多くの人たちが経済的に逼迫した状態にあることを考えると、非常に助かる対策といえるし、インターネット上でも大絶賛されている。

・横浜市は水道料を値上げ

しかしながら、怒りに満ちた意見をTwitterに投稿している人もいる。刈谷市が水道料を免除する一方で、横浜市は水道料を値上げするというのである。それに対して激しい怒りを感じているようだ。

・値上げの開始は2021年4月から

確かに、横浜市は2020年03月16日(月曜日)に開かれた市会水道交通委員会にて、水道料金を約10~12%ほど値上げする見通しであるとした。値上げの開始は2021年4月からの予定とのこと。値上げは少なくとも10%またはそれ以上になりそうなので、なかなか高めの値上げ率といえる。

・住民の感情として許せない

刈谷市による水道料免除は、新型コロナウイルスの緊急処置としての対応。一方、横浜市の水道料金値上げは「人口減少による料金収入減少」がひとつの原因であり、刈谷市の水道料金免除と同列で語ることは難しいが、住民の感情として許せないと感じたのは確かなようだ。

もっと詳しく読む: 刈谷市が水道料の免除で住民喜ぶ / 横浜市は水道料値上げでブチギレ激怒「うちの林文子市長やってくれますわ」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/04/19/kariya-yokohama-suidou-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。