【衝撃】金正恩が脂肪吸引失敗が原因で死去と報じる / 血栓が心臓に悪影響「金正恩99%の確率で死去との噂」

金正恩99


kita2

金正恩氏(36歳)の重病説が報じられて体調が心配されるなか、あまりにも衝撃的な情報が報じられ、物議を醸している。金正恩が脂肪吸引の手術が原因となり死去したというのである。死去ではなく脳死と表現している情報もある。

公式な情報ではない以上、それらの情報を完全に信じきることはできないが、脂肪吸引が金正恩氏の体調に悪影響を及ぼしたという情報を、デマではなく事実として受け止めている人が多数いるのが現状だ。死因は報じず「死去した」という情報だけならばNBC記者やHKSTV香港衛視テレビ副局長も報じている。

・イベントは替玉が出ていたのか

金正恩氏は2019年10月頃に脂肪吸引手術をおこない、その後、脂肪吸引手術の副作用として心臓が詰まり、危篤状態になったとの情報があるという。その後、死去または脳死状態となっており、人前に出るイベントなどでは替玉が出ていたとも言われているという。


・フランスや中国の医師団が来訪

金正恩氏が2019年の時点で亡くなっているという情報は、信憑性として低いと考えられる。2020年に入り、フランスや中国の医師団が北朝鮮内を訪れているとの情報が報じられているからで、事実ならば金正恩氏の状態を診るためだと考えられる。よって、たとえ脂肪吸引が原因で危篤となったとしても、最近まで命を落としていない可能性のほうが高いと推測される。



kita17

・脳死のまま命を保たせる

数日前からNBC記者やHKSTV香港衛視テレビ副局長などは「すでに死んでいる」と報じているが、事実ならば、それは脳死という意味である可能性が高い。脳死状態の場合、いつまで脳死のまま命を保たせるかの判断は、国を支える最高指導者という地位を考えると国家レベルで非常に重要となってくる。

・最高指導者はカリスマ的人物

しかしながら、北朝鮮が素直に脂肪吸引が発端となって死去したと発表するかどうか、そのあたりは不明である。最高指導者はカリスマ的人物であり、イメージが非常に重要だからだ。金正恩が99%の確率で死去しているとの噂も流れているが、現時点では何が真の情報なのかわからない以上、公式情報を待ちたいところである。



もっと詳しく読む: 金正恩が脂肪吸引失敗が原因で死去と報じる / 血栓が心臓に悪影響との情報(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/04/28/kim-jong-un-liposuction-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。