【悲報】ラーメン二郎の行列客に何度言ってもソーシャルディスタンスを守らない件 / 他人の命より自分の欲望「感染で亡くなる人いるのだが」

新型コロナウイルス


ramen-jiro02

ラーメン二郎を愛する人ほど、「ソーシャルディスタンスを守らない客」に怒りがこみ上げているだろう。ソーシャルディスタンスとは、新型コロナウイルスの感染リスクを高めないため、人と人との間隔を2メートルあけるという最低限のマナーのことだ。最低でも1メートルはあけるべきとの声もある。

ラーメン二郎の大多数の客はルールとモラルを守って「いまは我慢して食べに行かない」「行列のときはソーシャルディスタンスを徹底して守る」などの行動をとっていると考えられるが、ここ最近ラーメン二郎に行列を作っている客の多くが「自分さえ良ければ良い主義」なのではないかと、怒りの声が出ている。ソーシャルディスタンスを守っていないのである。

・店主たちの心意気に敬意

ラーメン二郎は日本各地に店舗展開をしており、新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請や緊急事態宣言の発令により、休業したり、テイクアウトメインにするなどの対応をとっている。

特にテイクアウトサービスを開始したラーメン二郎は多く、世界的パンデミックで人々が困窮しているなか、少しでも多くの人たちがラーメン二郎の味で癒やされるようにと営業を続けてくれていると思われる。その店主たちの心意気に敬意を表したい。

ramen-jiro01

・ラーメン二郎に並ぶ客たちのマナーの悪さ

問題なのは、一向に改善されない行列を作る客たちのマナーの悪さだ。誠実にマナーを守って並ぼうとする客がいる一方、多くの客がソーシャルディスタンスを守らず、感染リスクが高い状態で並んでいるというのである。

ラーメン二郎がテイクアウトメインの営業となっても、テイクアウトを求めて、ソーシャルディスタンスを守らない一部の客が行列を作っている。


・客から地域住民にコロナ感染の心配

ニュースにもなり、インターネット上でも多くの人から何度も何度も「ソーシャルディスタンスを守るべき」「守られていない」と指摘されているが、ほとんど改善されていない。店員も客に注意しているようだが、それも徹底されず改善されない。

もし客のなかに新型コロナウイルス感染者がいれば、濃厚接触と言っても過言ではない状態だ。客から客、客から店員、そして客から地域住民へと新型コロナウイルスが感染するのではないかと不安視されているわけだ。

・店が注意しても無視

ラーメン二郎の店主たちは客の感染リスクを減らすため、間隔を保って並ぶように注意書きを貼ったり、人件費をかけて行列を整列するための店員を雇うなどの対策をとっている。しかし客の多くはそんなルールはどうでも良いらしく、我が物顔でラーメン二郎の行列に並んでいる。と、そんなナンセンスな現地報告もいくつか届いている。

・他人のことはどうでも良い

ソーシャルディスタンスを守らずに並んでいる客は「俺はラーメン二郎の客だ! 偉いんだぞ!」や「俺は絶対にコロナにならない!」「周りが守ってないし自分も守りにくい」などと思っているのかどうかは不明だが、行列に並びだすと、他人のこと(他人の感染リスク)はどうでも良いと思ってしまうのかもしれない。他の客や、近隣住民の感染リスクが高まろうと、自分のことではないので気にしないのかもしれない。


・全員がソーシャルディスタンスを守る必要

ラーメン二郎のファンの多くがしっかりマナーを守ろうとしていると考えられる。しかしながら、一部の客がソーシャルディスタンスを守ろうとも、一部の客がソーシャルディスタンスを守らなければ、お互いの感染リスクが高まり、感染者を増やすことに繋がりかねない。そう、行列に並ぶからには客全員がソーシャルディスタンスを守る必要があるのだ。

そして、モラルなき利己主義の客のせいで、すべてのラーメン二郎ファンが激烈バカだと誤解されてしまう可能性がある。ラーメン二郎を愛する善良な人ほど、そんな展開を危惧していると思われる。

ramen-jiro03

・感染リスクが高いのではないかと不安

そもそも、ラーメン二郎に限らず、行列を作る行為自体が疑問視されている。たとえソーシャルディスタンスを守ったとしても、その近隣住民の立場から考えれば「多くの人たちが集まっている状況」になるからだ。

外出する機会が減っているとはいえ、地域住民が感染リスクが高いのではないかと不安に思ってしまうのは確か。とある男性は「感染で亡くなる人いるのだけどわからないのかもね」と語っていた。


・店主の心意気を踏みにじる行為

ラーメン二郎の店主たちが、少しでも多くの人たちに美味しさで癒やしを届けようとしているにも関わらず、その心意気を踏みにじっているともいえるモラルなき一部の客たち。ガッツリとお金を儲けるためではなく、客の喜びのためにと自身の感染リスクを高めても営業し続ける心優しい店主たち。

しかし、いくら客のためとはいえ、店主たちは客や地域住民を新型コロナウイルスに感染させてまで営業を続けたいとは思うまい。

・自分さえ良ければ良い主義

ソーシャルディスタンスを守らなかったり、おしゃべりしたり、咳やクシャミのマナーを守らないまま行列に並んでいる客は「自分さえ良ければ良い主義」と指摘されても言い返すことはできまい。今一度、ソーシャルディスタンスを徹底して守ることの重要性を再認識したほうが良いだろう。



もっと詳しく読む: 何度言ってもラーメン二郎の客ソーシャルディスタンス守らず / 他人の命より自分の欲望「感染で亡くなる人いるのだが」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/05/06/ramen-jiro-gyoretsu-mamoranai-news/

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。