【衝撃】マスクをリヤカーで販売するマスク売りの少女現れる / 50枚2000円で販売「リヤカー女子募集中」

新型コロナウイルス


mask3

新型コロナウイルスが世界的に蔓延しており、ひとりひとりの感染予防が重要視されているなか、マスクが品不足となり価格が高騰。転売屋や高額販売する悪徳業者が多いなか、あらゆるマスクビジネスが展開されている。

・50枚2000円で販売「マスク売りの少女」

東京都品川区のJR五反田駅周辺には、大量のマスクをリヤカーに乗せて移動し、50枚2000円で販売する「マスク売りの少女」がいるとして話題となっている。

事実、多くの人たちが目撃し、購入したり、スマホで撮影したりするなどされており、ちょっとした街の有名人となっている。確かにリヤカーでマスクを売り歩く姿は奇抜だ。

mask1
mask2
mask3
mask5
mask6

・大人の女性がリヤカーを引いて販売

このマスクのリヤカー販売はモノクルという店名で展開しており、女性ではなく男性が販売しているときもある。また、2グループほどに分かれて販売することもあるようで、おもな販売場所は橋の上のようだ。

インターネット上や五反田の地域住民からは愛称として「マスク売りの少女」と呼ばれているが、少女ではなく大人の女性がリヤカーを引いて移動しつつ販売している。この販売行為に賛否両論あるが、購入する人がいるのは事実だ。


・かつては50枚5000円ほどだった

もともとモノクルはマスクルという名称でリヤカー販売しており、そのときはマスク40~60枚が5000~6000円などの価格帯で販売されていたとの報告がある。どうして名称変更をしたのかは不明。モノクルに名称変更するあたりから、マスクルの公式Twitterやインスタグラムが消滅した。

では、マスクルとモノクルでは、名称以外で何が違うのか? モノクルに名称を変える前後から50枚2000円に値下げしているのが確認されているため、マスクの価格を大幅値下げしたと考えられる。

mask8

・モノクルがリヤカー女子を募集中

モノクルはリヤカーでマスクを販売してくれるリヤカー女子を募集中しているようだが、多くの人たちにスマホで撮影などされるため、写っても大丈夫な女子に限られるのではないだろうか。

ちなみに五反田周辺では、若干品不足感はあるものの、複数の店でマスクが販売されており「絶対に手に入らない」という状態から脱している。


国民生活センターなどの機関はマスクの路上販売に対して「品質の確認が難しいため購入は慎重に」とコメントしている。路上販売している人たちが善意であろうと、激安であろうと、転売屋であろうと、高額販売悪徳業者であろうと、路上販売という時点で、品質や出どころ等がわからない以上、慎重に考える必要があるようだ。

ただ、マスク不足は解消されてきているが、いまだにマスクが手に入らない人たちがいるのも確かで、非常にもどかしさがあるのも事実だ。

【続報】
【衝撃】子連れでマスクを売り歩く母親が出現 / リヤカーに子ども乗せ路上販売「50枚2000円」「子連れマスク売り」


もっと詳しく読む: マスクをリヤカーに乗せて売るマスク売りの少女現れる / 50枚2000円で販売「リヤカー女子募集中」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/05/07/monokuru-info-mask-gotanda-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。