【炎上】週刊少年ジャンプ漫画にパクリ疑惑 / インスパイアか盗作かネットで問題視「タイムパラドクスゴーストライター」

タイムパラドクスゴーストライター


time-paradox-ghostwriter-news

鬼滅の刃の連載が終了し、週刊少年ジャンプで新連載としてスタートした「タイムパラドクスゴーストライター」が大炎上している。この作品に、他作品と同様の内容が含まれているというのである。つまりパクリ疑惑が浮上しているのである。

・未来の他人の作品を盗作して現代で連載スタート

タイムパラドクスゴーストライターの主人公は、まったく連載に結びつかない売れない漫画家。しかし自宅の電子レンジに10年後の週刊少年ジャンプが毎週送られてくるようになり、10年後に週刊少年ジャンプで連載されている漫画「ホワイトナイト」を盗作し、自分の作品として現代で連載をスタートさせるという物語だ。

・他の作品の盗作なのではないか

この漫画自体がパクリや盗作を題材とした作品だが、この漫画そのものが、他の作品の盗作なのではないかと、インターネット上で問題視されているのである。特に「シュタインズ・ゲート」や「イエスタデイ」「僕はビートルズ」などと酷似するシーンが複数指摘されている。


・ドラえもんに酷似するエピソードあり

特に「ドラえもん」のエピソードに酷似している点があると指摘されている。「酷似している点」というより「すべて酷似」と言っても過言ではないとの声も出ている。ドラえもんのエピソードに、のび太が連載漫画の先の展開を読むために、未来の漫画を取り寄せて、先の展開を知るという作品がある。のび太はその漫画を描き写し、ジャイアンやスネ夫に読ませ、「天才だ!」と評価され、編集者の目に留まり、漫画雑誌で連載することになる展開だ。

<ドラえもんとの類似点>
未来の漫画が送られてくる: 同じ
内容をパクって描く: 同じ
パクった漫画が大絶賛: 同じ
パクった漫画での連載依頼がある: 同じ

・自分が好きな作品の要素を取り入れる

まさに、今回のタイムパラドクスゴーストライターと同じ展開と言っても過言ではない。しかし盗作、インスパイア、オマージュ、リスペクト、そのどれにあたるのか、微妙なところともいえる。作家は自分が好きな作品の要素を取り入れることがあり、今回のタイムパラドクスゴーストライターも、そのつもりでネタを取り入れた可能性もある。

・皆さんはパクリだと思うだろうか

ただ一方的に「盗作」だと結論を出しバッシングするのではなく、パクリか否か、議論を重ねることも大切だろう。皆さんは、週刊少年ジャンプで連載中のタイムパラドクスゴーストライターはパクリだと思うだろうか。それともインスパイア、オマージュ、リスペクトの範疇にある作品と思えるだろうか。

もっと詳しく読む: 週刊少年ジャンプ漫画にパクリ疑惑 / インスパイアか盗作かネットで物議の声「タイムパラドクスゴーストライター」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/06/02/time-paradox-ghostwriter-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。