【炎上】ついにラーメン二郎がブチギレ激怒か / ラーメン二郎インスパイア宅二郎が謝罪「お詫びを謹んで申し上げます」

ラーメン二郎

ラーメン二郎はデカ盛りサイズの濃厚ラーメンが食べられる人気ラーメン店だ。山盛りの野菜、油膜になるほどの脂、ホロホロと崩れる柔らかチャーシュー(豚)、そして濃厚スープに極太麺。そのすべてが最高のバランスで旨味をクリエイトし、唯一無二の美味しさを生んでいる。そんなラーメン二郎関係で炎上している店がある。

・多くの人たちを味覚で幸せにするラーメン二郎

ラーメン二郎は、ラーメン二郎三田本店のボス山田拓美氏(通称:親父さん)に認められた者だけがラーメン二郎の看板を掲げて営業することができ、日本各地にラーメン二郎から巣立った弟子たちが新たなラーメン二郎を開き、多くの人たちを味覚で幸せにしている。

・ラーメン二郎の要素が取り込まれている宅二郎

そしてラーメン二郎と直接的な関係はないが、テイストや方向性がラーメン二郎と酷似している「ラーメン二郎インスパイア店」というジャンルのラーメン屋も存在する。ラーメン二郎のオフィシャルではないが、その味や見た目はラーメン二郎と酷似していたり、ラーメン二郎の要素が取り込まれている。

今回炎上したのは、世間からラーメン二郎インスパイア店として認識されている店「宅二郎」だ。宅二郎は宅配専門のラーメン店で、ラーメン二郎のテイストと見た目を生かしつつ、独自のテイストを生かした展開をしているようだ。



・本家であるラーメン二郎の親父さんから指摘が届いた

そんな宅二郎だが、ラーメン二郎と関係がないのに「二郎」というキーワードを店名に使用。さらにTwitter等のSNSでラーメン二郎関係の書き込みに対して反応を示すなどしており、ラーメン二郎の関係店舗と勘違いする人が多くいたのか、どうやら本家であるラーメン二郎の親父さんから指摘が届いたようである。

ラーメン二郎の親父さんからの指摘は、いわゆるクレームといえるものかもしれない。

・「ラーメン二郎に誤認され不本意」と書き込みし大炎上

しかし宅二郎は強気の姿勢で「専門家から問題ない」と言われているとして、宅二郎という店名で継続。だがその後、宅二郎はインターネット上に「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」と書き込みしたところ大炎上。

・多くの人たちから反感を買った宅二郎

みずから二郎という名称を名乗りつつ「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」と書き込みしたことに対して、多くの人たちから反感を買ったようである。そして宅二郎は以下のようにコメントを発表している。



・宅二郎の公式コメント

「山田拓美氏からの申し出に対し、専門家より「法的に問題がない」というコメントを頂いている中での見解を掲載していましたが、それに対して「法的に問題がなくともリスペクトを欠く」など、様々なお問い合わせや、ご意見を頂いております。これらのご意見を踏まえ、当社内で緊急にて以下の対応を検討しております。

・専門家との顧問契約の解除

・屋号の変更

決まりましたら当ページにてご報告致しますので、暫しお待ち頂けますようお願い致します。なお「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」との掲載に対し、「ラーメン二郎に対するリスペクトを欠く」というご意見を多く頂いております。当店の開業目的である「外出自粛を促し、三密を避けるコロナ対策」の想いや取り組みを踏まえた営業形態は、一般的なラーメン店とは明確に異なるため、誤認が生じることは当店の想いや取り組みや正しく伝わっていないということになります。専門家への相談のうえでの文章となりましたが誤解を招く表現となりました。ご不快な思いをさせてしまった方へのお詫びを謹んで申し上げます。なお、頂いている脅しや違法なコメントについて当店からは返信致しかねます。申し訳ございませんがこのようなコメントはお控え頂けますと幸いです」(公式コメントここまで)

宅二郎の件、法がどうとか以前にリスペクトの全く無い奴に今まで数多のファンが支えてきた畑に土足で踏み込む資格なんかねえよな

— 岸田メル (@mellco) July 4, 2020

宅二郎とやらに釘を刺した山田拓美総帥を支持します。

うちは似たような話で、某社から20年以上被害を受け続けている。黙っていればつけあがるのが世の常。でも、お客様が黙っていなかった。それで、うちもいよいよ相手にすることにした。同じ展開かと思います。

— 岩下 和了 (@shinshoga) July 4, 2020

そうですかね?今回の騒動以前から、麺屋宅二郎をラーメン二郎が運営する宅配サービスだと勘違いしている人が多数出ていたので当然の対応だと思いますが。一線を超えていないインスパイア店に対しては放任主義の懐の深い人ですよ。

— 御託仁郎 (@135l3ytz5KqUWeF) July 5, 2020

宅二郎の差し替える前の画面#宅二郎 pic.twitter.com/XP3ZnG7vee

— Take4 (@j_ta_ke) July 5, 2020



・ラーメン二郎を意識していないと言いたいのだろうか

宅二郎は「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」としているが、それであれば、店名になぜ二郎という文字を入れ、さらに看板もラーメン二郎っぽいデザインと色にし、さらに味も盛り付けもラーメン二郎的にしたのか。

誰がどう見てもラーメン二郎インスパイア店にしか思えないが、店主としては、まったくラーメン二郎を意識していないと言いたいのだろうか。そうでなければ「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」という言葉は出ないと思うのだが、皆さんはどうお思いだろうか。

【続報】

【大炎上】ラーメン二郎がインスパイア店「宅二郎」に激怒クレーム / 宅二郎「返答義務は一切ない」と強気だったが店名変更へ

もっと詳しく読む: ついにラーメン二郎がブチギレ激怒か / ラーメン二郎インスパイア宅二郎が謝罪「お詫びを謹んで申し上げます」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/07/05/ramen-jiro-ruiji-takujiro-news/