【大炎上】ラーメン二郎がインスパイア店「宅二郎」に激怒クレーム / 宅二郎「返答義務は一切ない」と強気だったが店名変更へ

ラーメン二郎


takujiro8

ラーメン二郎は誰もが知っている人気のデカ盛りラーメン店であり、日本各地に店舗展開しているカリスマ的ラーメン店でもある。

そんなラーメン二郎のテイストを応用した「ラーメン二郎インスパイア店」も無数に存在し、ラーメン二郎は静観する姿勢を示していたのだが、ついに堪忍袋の緒が切れたようで、リスペクトがないと判断したラーメン二郎インスパイア店に対してクレームを入れていたことが判明した。

・山田拓美氏がクレームを入れたことが判明

クレームを入れられたのは、テイクアウト専門ラーメン店「宅二郎」だ。世間からはラーメン二郎インスパイア店として認識されており、確かにテイストも見た目も、ラーメン二郎にそっくりである。そんな宅二郎に対して、ラーメン二郎の代表である山田拓美氏がクレームを入れたことが判明したのである。

・ラーメン二郎「宅二郎はラーメン二郎と類似している」

宅二郎が公開した情報によると、ラーメン二郎の山田拓美氏から「宅二郎はラーメン二郎と類似している」「黄色い背景はラーメン二郎の代名詞である」というクレームが入ったようである。そして「屋号、赤字、黄色などの色を変更するように」という指示もあったという。さらに「対応を返答するように」と返答を求められたようだ。

takujiro3
takujiro-ramen-jiro1

・ラーメン自体がラーメン二郎に酷似

宅二郎は、店名に二郎という文字が入っているだけでなく、ラーメン二郎っぽい看板等のデザインになっている。さらにラーメン自体がラーメン二郎に酷似したテイストと見た目をしており、さらに野菜やニンニクを増やせる点や、マシマシというラーメン二郎から生まれた言葉を使用している点は、ラーメン二郎を参考にしていると思われても仕方ない。

・ラーメン二郎に誤認されることが不本意 → 炎上

宅二郎側はラーメン二郎のクレームに対して「何らかの対応や返答の義務は一切ない」「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」とのコメントを発表し、強気の姿勢を示した。だがしかし、多くの人たちから「リスペクトがない」と猛烈な怒りとバッシングの声が寄せられたようで、屋号の変更を決定するに至ったようだ。


takujiro10

・宅二郎の公式コメント

「山田拓美氏からの申し出に対し、専門家より「法的に問題がない」というコメントを頂いている中での見解を掲載していましたが、それに対して「法的に問題がなくともリスペクトを欠く」など、様々なお問い合わせや、ご意見を頂いております。これらのご意見を踏まえ、当社内で緊急にて以下の対応を検討しております。

・専門家との顧問契約の解除
・屋号の変更

決まりましたら当ページにてご報告致しますので、暫しお待ち頂けますようお願い致します。なお「ラーメン二郎に誤認されることが不本意」との掲載に対し、「ラーメン二郎に対するリスペクトを欠く」というご意見を多く頂いております。当店の開業目的である「外出自粛を促し、三密を避けるコロナ対策」の想いや取り組みを踏まえた営業形態は、一般的なラーメン店とは明確に異なるため、誤認が生じることは当店の想いや取り組みや正しく伝わっていないということになります。専門家への相談のうえでの文章となりましたが誤解を招く表現となりました。ご不快な思いをさせてしまった方へのお詫びを謹んで申し上げます。なお、頂いている脅しや違法なコメントについて当店からは返信致しかねます。申し訳ございませんがこのようなコメントはお控え頂けますと幸いです」(公式コメントここまで)


takujiro9

・ラーメン二郎ファンから反感を買っても仕方ない

多くの人たちが「明らかにラーメン二郎に便乗しているのにラーメン二郎と誤認されることが不本意と言ってしまうのはリスペクトがなさすぎ」と感じているようである。確かに、宅二郎の店主は発言はラーメン二郎やラーメン二郎ファンから反感を買っても仕方ないといえる。

・ラーメン二郎に戦いを挑むような発言

ラーメン二郎は世界中の人たちから愛されているラーメン屋だ。そしてラーメン二郎インスパイア店と呼ばれているラーメン屋の多くがしっかりとラーメン二郎をリスペクトしていると考えられる。そんななか、ラーメン二郎に戦いを挑むような発言をすればどうなるのか、そこまで考えが及ばなかったのだろうか。

【続報】
【衝撃】ラーメン二郎に抗議されたインスパイア店「宅二郎」の敗因 / リスク回避だけ重視し「二郎人気の構図」理解せず

もっと詳しく読む: ラーメン二郎のボスがインスパイア店「宅二郎」にクレームを入れていた事が判明 / リスペクトなき店許さぬ姿勢(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/07/05/ramen-jiro-takijiro-no-respect/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。