【衝撃】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||に関係か / カヲル絶命時のエヴァQ劇中歌の歌詞に真実が隠されていた事が判明

EVANGELION:3.0 +1.0 Thrice Upon A Time


シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の上映が新型コロナウイルスの影響により延期され、多くのエヴァファンが新たな公開日の発表を待っているなか、あまりにも驚きの情報が入ってきた。重要キャラクターである渚カヲルが絶命する際にかかった劇中歌に、物語に関する秘密が隠されていたというのだ。そしてその秘密は、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||に大きく関係してくる内容だというのだ。

・碇シンジの目の前で砕け散ったカヲル

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qで、ゼーレの少年としてネルフに送り込まれた謎多きキャラクターの渚カヲル。そんな彼は物語の主人公である碇シンジとともにエヴァンゲリオン第13号機に乗り、目的を果たすためセントラルドグマへと向かった。しかし、碇ゲンドウの仕かけにより渚カヲルは誤算。碇シンジの目の前で砕け散って絶命した。

・多くの観客や視聴者が衝撃を受けたカヲルの他界

あまりにもショッキングがシーンであり、碇シンジがショックを受けるとともに、多くの観客や視聴者が衝撃を受けたに違いない。しかし、このシーンの注目すべき点は、衝撃的な渚カヲルの他界だけではない。

渚カヲルが碇シンジに対して別れの言葉を話しつつ、最後に砕けるまで、ずっと歌が流れていた事に気がついただろうか。その歌の歌詞に、かなり重要かつ「カヲルとシンジの別れがより悲しくなる内容」が含まれていたのである。

・渚カヲルの心境をそのまま歌詞として表現

渚カヲルが絶命するときに流れたこの楽曲は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのテーマとして公式が認めている「Kindred Spirits」。実際にその歌詞の意味を知れば、渚カヲルの心境をそのまま歌詞として表現したと言っても過言ではない。

・シンジの幸せのために力を尽くしてきた

その歌詞はあまりにも感動的かつ寂しすぎるもの。カヲルがシンジを親友以上の存在だと認識し、シンジの幸せのために力を尽くしてきた。シンジの幸せをずっと眺めていたかった。そして僕たちは一人である寂しさにも勝てるはず。……そんな内容の歌詞になっている。

・「また会えるよ」という言葉を残して他界した渚カヲル

これはつまり、渚カヲルは碇シンジにとって完全なる善なる存在であり、そして心から碇シンジの幸せを願っていた事がわかる。それをヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qで果たすことはできなくなってしまったが、「また会えるよ」という言葉を残して他界した渚カヲルは、碇シンジの幸せを求めてシン・エヴァンゲリオン劇場版:||で新たな展開へと移す。

<歌詞の内容を要約>
僕たちは死別の運命から逃れられなくても大丈夫
僕と君は親友だ
君が幸せになるため僕はいろいろと試行錯誤した
僕の魂も安らぎが得られるはず
君の幸せを眺めていたかった
たとえ一人でもその寂しさに打ち勝てるはず

・自分が身代わりになれればよいのに

そしてもうひとつ、注目すべきヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの劇中歌「Famously」がある。これは碇シンジの心境が歌詞になっていると言われているが、渚カヲルの心境が歌詞になっている可能性もあると言われている。その歌詞の内容は、何度やってもうまくいかず、知らないうちに人を巻き込み、裏切っている事がある。自分が身代わりになれればよいのに……。というような内容だ。

<歌詞の内容を要約>
何やってもダメだった
絶望しかない
誰も救うことができなかった
知らないうちに裏切ってた
知らないうちに命を奪ってた
時間を戻して自分が彼の代わりに犠牲になりたい

・シンエヴァンゲリオン劇場版:||に大きな影響

どちらの曲のあまりにも悲しすぎる歌詞になっているが、碇シンジと渚カヲルのふたりの正直な気持ちをそのまま歌詞にしたかのような内容は、今後公開される予定のシン・エヴァンゲリオン劇場版:||でどのような結末を迎えるのか。これらの歌詞がシン・エヴァンゲリオン劇場版:||に大きな影響を与える、ストーリー展開として関連したものになっているのは間違いないだろう。

現在、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||は「世界の中心でアイを叫んだもの」のリメイクになる可能性があるとの情報があり、その点も大きな注目を集めている。いまから公開が楽しみでならない。


もっと詳しく読む: シン・エヴァンゲリオン劇場版:||に関する衝撃事実 / カヲル絶命時のエヴァQ劇中歌の歌詞に真実が隠されていた事が判明(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/07/11/evangelion-kaworu-kindred-spirits-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。