【話題】厚生労働省コロナ接触確認アプリで自分の接触履歴データを確認する方法 / 普通に操作しても見られない

新型コロナウイルス


korona

新型コロナウイルスが世界的パンデミック状態で、日本でも感染報告数が増え続けているなか、「自分も感染してしまうかもしれない」と不安な人は少なくないと思います。その不安は当然ですし、できるだけ感染リスクは減らしたいですよね。

感染リスクを減らすため、厚生労働省が公開した新型コロナウイルス感染者接触確認アプリ「COCOA」をスマホにインストールしている人は多いと思いますが、そのアプリで「自分の接触履歴データ」を知ることができることを知っている人は少ないようです。

実は、「新型コロナウイルス感染者と接触したかどうか」だけでなく、アプリ使用者といつ接触したか、詳しい時間を確認可能なのです。

cocoa4
cocoa2

・アプリから操作して確認することができない

その「自分の接触履歴データ」とは「COCOA」を起動させている人と接触した時間のデータです。自分がいつ「COCOA」を起動させている人と接触したか、年、月、時、分、細かく知ることができます。しかしこの「自分の接触履歴データ」は、アプリから操作して確認することができないのです。

・たとえばiPhoneではこのようにチェック可能

自分の接触履歴データを確認するためにはどうすれば良いのでしょうか。たとえばiPhoneの場合、設定→接触確認アプリ→COVID-19接触のログ記録の確認→接触チェックの記録、という順番で確認が可能です。

<自分の接触履歴データの確認方法>
1. 設定
2. 接触確認アプリ
3. COVID-19接触のログ記録の確認
4. 接触チェックの記録

cocoa3
cocoa1

・新型コロナウイルスに対する世間の関心度

感染していない人のデータも含まれるため、感染していない人の近くにいたことがわかる「自分の接触履歴データ」はあまり意味はないという人もいるかもしれません。

しかし、「自分の接触履歴データ」にデータが多く残されているということは、それだけアプリを導入している人が多いということ。新型コロナウイルスに対する世間の関心度が高まっていると言えます。さらに、しっかりデータが記録されていることでアプリが問題なく機能していることも確認できます。

・一人一人が信じる行動で日々を生活する

新型コロナウイルスは誰が、いつ、どこで感染してもおかしくないものです。さまざまな予防策がありますし、人それぞれ考え方の違いもありますが、一人一人が信じる行動で日々を生活することが大切だと思われます。

もっと詳しく読む: 厚生労働省コロナ接触確認アプリで自分の接触履歴データを確認する方法 / 普通に操作しても見られない(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/07/28/cocoa-covid-19-contact-confirming-application/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。