コロナ対策!最先端のくら寿司がグランドオープン


くら寿司

・進化した寿司カバー

くら寿司と言えば、回っているお寿司にドーム型のカバーが乗っているのをイメージしませんか?そのカバー、「鮮度くん」というのですが、鮮度くんの抗菌化と、カバーの表面を殺菌する「紫外線殺菌システム」を導入した店舗がオープンしました。場所は大阪、なんば日本橋店です。

くら寿司

2011年から導入されたこの防菌カバー、直接触れずに商品を出し入れできるのが特徴。さらに、一周ごとに寿司カバーを紫外線で照射し殺菌します。紫外線がカバーを透過することはないので、お寿司の品質や味への影響はないとのこと。

くら寿司

・カーテンや抗菌シートも完備

くら寿司では「スマートくらプロジェクト」として、レジ前の抗菌遮断カーテン、テーブル間を遮断する抗菌シート、全店舗へのアルコール消毒液の設置、テーブル清掃時の徹底したアルコール消毒、を全店導入済み。その上での抗菌化と紫外線殺菌になります。今回の鮮度くんの進化もこのプロジェクトの一環で、10月までに全店に導入予定とのことです。

新しい生活様式が求められている中でくら寿司のような様々な取り組みをしてもらえるのは消費する側も安心できますね!

もっと詳しく読む: コロナ対策!最先端のくら寿司がグランドオープン(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/07/31/covid-19-kurasushi-osaka-nanba/