【衝撃】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の全内容ほぼ判明 / カヲル発言の意味もほぼ解明「シ海文書に過去作品が記録」

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||


evaimage888

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||は2020年夏の時点で未公開のアニメーション映画であり、公式から内容がほとんど紹介されていないことから、謎が謎を呼ぶミステリアスな作品である。そんなシン・エヴァンゲリオン劇場版:||には「ほぼこのような内容になる」といわれているストーリー情報があり、ディープなエヴァファンの間で話題となっている。

・シンエヴァンゲリオン劇場版:||は新劇場版と別の物語

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の内容は2本立てになると言われている。その1本目がヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの続きとなり、2本目がシン・エヴァンゲリオン劇場版:||本編となると言われている。よって、ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズとシン・エヴァンゲリオン劇場版:||は別の物語となる。

・エヴァには4つの世界が存在するという説

また、エヴァンゲリオンシリーズには大きく分けて4つの世界が存在するという説が有力視されている。テレビ版の新世紀エヴァンゲリオンの世界、旧劇場版の世界、ヱヴァンゲリヲン新劇場版の世界、そしてシン・エヴァンゲリオン劇場版:||の世界だ。


・誕生と破壊を繰り返している

そして、それぞれのエヴァの世界はまったく繋がりがない別世界の物語ではなく、まったく同じ世界線の、同じ地球上での物語だ。リメイク(再作成)でも、リブート(再起動)でも、リビルド(再構築)でもない。しかし、リフレイン(ルフラン / 繰り返し)ではある。

それはどういうことか? エヴァンゲリオンシリーズはシンジが世界を破壊することによって誕生と破壊を繰り返しており、破壊されるたび、次の再生に数億年の年月を費やし、人類が0からスタート。たとえば新世紀エヴァンゲリオンとシン・エヴァンゲリオン劇場版:||本編の間に数十億年の時間が経過していると考えられる。

この説が正しければ、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||は、誕生と破壊が四回繰り返された、四巡目の世界が描かれていることになる。

・エヴァンゲリオンシリーズの流れ

一巡目: 新世紀エヴァンゲリオン

数億年が経過

二巡目: 旧劇場版(シト新生 / DEATH (TRUE)2 / Air / まごころを、君に)

数億年が経過

三巡目: ヱヴァンゲリヲン新劇場版(序 / 破 / Q / シン・エヴァンゲリオン劇場版:||序盤)

数億年が経過

四巡目: シン・エヴァンゲリオン劇場版:||本編

上記では数億年と表記しているが、宇宙レベルでリフレイン(ルフラン)している可能性があるため、シンジが破壊をするたびに50億年が経過している可能性もある。


・辛い感情の記憶をリフレインさせても良い事は何も生まれない

ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズには、月で発掘されているアダム(アダムス)またはEVA量産機の中身らしき存在が目視で確認されている。また、カヲルが「また3番目とはね。変わらないな、君は」と意味深な発言をしているシーンもある。さらにカヲルは「そうして辛い感情の記憶をリフレインさせても良い事は何も生まれない」とも言っている。

・カヲルの過去作品に関する記憶の保持理由

「リメイクではなく同じ世界で誕生と破壊を繰り返している」という説であれば、発掘されたアダム(アダムス)、カヲルの過去作品に関する記憶の保持、そしてカヲルの発言、それらすべての説明がつく。

新世紀エヴァンゲリオン、旧劇場版、ヱヴァンゲリヲン新劇場版、そしてシン・エヴァンゲリオン劇場版:||で微妙に内容が違うのは、同じ運命をたどりつつも、シンジが少しずつ経験を重ね、成長した結果が反映されているからだ。シンジは鈍足ながら、少しずつ成長しているのである。数億年、数十億年かけて。


・一部のキャラクターが過去作品の記憶を保持

新世紀エヴァンゲリオンからシン・エヴァンゲリオン劇場版:||にかけて、カヲルなどの一部のキャラクターが過去作品の記憶を保持したまま登場しているのは、人間ではない記憶が生き続ける存在であり、そもそも同じ世界の物語だからだ。

・過去作品はシ海文書やシ海文書外典に記録

そして、過去作品から繰り返されてきたリフレインの記録は、シ海文書やシ海文書外典に記録されていると考えるのが濃厚。

リフレイン(ルフラン)をゼーレやゲンドウが理解しているかどうかは不明だが、ゼーレとゲンドウはシ海文書やシ海文書外典を読み解いたことで「何度も同様の世界が繰り返されていること」を知っている可能性が高い。


・さらに何度も誕生と破壊を繰り返していた可能性

だがしかし、ここでさらに興味深い情報がある。そもそもテレビ版の新世紀エヴァンゲリオンは一巡目の世界ではなく、すでに以前に、何度も誕生と破壊を繰り返していた可能性もあるという。

そうなると、シンジは四回以上もリフレイン(ルフラン)を繰り返していることになるが、公式情報がない以上は、これが正しい説だとは断言できないのが現状だ。ちなみにこの説は、漫画版のエヴァンゲリオンに非常に近い展開ともいえるので、気になる人は読むことを強く推奨したい。

【続報】
【衝撃】実写版エヴァンゲリオンの綾波レイが美しすぎる件 / リリンの模造品とは思えないレベル

もっと詳しく読む: シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の全内容ほぼ判明 / カヲル発言の意味もほぼ解明「シ海文書に過去作品が記録されている」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/16/eva-shin-evangelion-refrain-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。