【衝撃】地下鉄キャラに「男目線キャラ」とクレーム出した議員が大炎上 / 村上さとこ先生に猛烈バッシング「表現の自由を踏みにじってる」

京都市営地下鉄利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」


chikatetsu1

フェミ議連に所属し、北九州市議会議員としても知られている村上さとこ先生が大炎上している。村上さとこ先生が研修のため京都を訪れた際、地下鉄駅構内の壁に貼られてあったキャラクターたちのスカートが短かったためショックを受けたようす。それを自身の公式Twitterに掲載したところ、大炎上しているのである。

・「地下鉄に乗るっ」の女子高生キャラクター

村上さとこ先生が指摘したのは、京都市営地下鉄利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」の女子高生キャラクターたち。一部のキャラクターがミニのスカートだったり、スパッツが見えていることを指摘している。

・村上さとこ先生のコメント

「お早うございます。全国政策研究集会2日目です。会場は大学です。環境省の萌キャラ(?)が話題ですが、京都駅も萌えていました。リアルに周囲を見渡すと若い女性はロングスカ―トかロングパンツばかり。高校生もアンダーパンツ見えませんよね(うちの高校生の3女も見えません) 男性目線のキャラですね」

「何度も繰り返しますが、絵柄やキャラクターそのものへ言及していません。男性キャラに比べ露出が多いミ二スカートに必然性があるのかいう意図での、旅行者としての個人的感想です。ツイートは後に女性作者という事を知る前の、私の感想です」


chikatetsu3

・魅力的なキャラクターの力も大きく働いている

京都市営地下鉄利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」は、今まで以上に地下鉄の利用者を増やすこと成功したプロジェクトで、そこには魅力的なキャラクターの力も大きく働いていると考えられる。

・「表現の自由を踏みにじってる」などの声

そのようなキャラクターに対するクレーム発言をした村上さとこ先生に対し、多くの人たちが不快な気持ちを露わにしているのである。村上さとこ先生に対して「都合の良い部分だけ切り取って批判」「表現の自由を踏みにじってる」などの声も出ているようだ。

「地下鉄に乗るっ」のキャラクターは女子高生だけでなく、男子高生もいれば、他の男性も多数いる。また、女子高生のスカートの短さも、リアルな京都の女子高生と大差ないとの情報がある。よって、このキャラクターだけ以上にスカートが短いわけではないと考えられる。それらの事もふまえ、村上さとこ先生の発言こそが不適切だとする声が出ているのである。


chikatetsu2

・キャラクターが消滅する可能性

誰がどのような考えを持とうと自由だ。しかし議員という立場の者が発言を公にする場合、そのことはの重さを十分に意識して考える必要がある。今回の村上さとこ先生の発言によって、多くの人たちに愛されているキャラクターが消滅する可能性が出たわけで、怒りを感じる人が出てきてもおかしくない。

・クレームによるキャラクターの消滅や修正

村上さとこ先生は自身の思いを書き込みし、何をしたかったのかは不明だが、もしそこに「クレームによるキャラクターの消滅や修正」を最終的な目的としていたならば、さらなる炎上は避けられないと考えられる。

もっと詳しく読む: 地下鉄キャラにクレーム出した議員が大炎上 / 猛烈バッシング「都合の良い部分だけ切り取って批判」「表現の自由を踏みにじってる」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/27/chikatetsu-kyoto-mondaishi-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。