【衝撃】東京都庁が西新宿から移転へ / デジタル空間にヴァーチャル都庁を設立「都民大歓喜」

東京都庁


tocho-tokyo

東京都庁が西新宿から移転することが発表され、多くの人たちが驚きを隠せずにいるとともに、歓喜する声があがっている。それもそのはず、次の移転先はデジタル空間だからだ。

・東京都庁は新宿の象徴として人気

東京都庁の歴史は意外にも浅い。1957年に千代田区丸の内に東京都庁舎を建て、1991年に現在の西新宿に移転。いまもツインタワーが新宿のシンボルとなっており、人気ゲーム「DRAG-ON DRAGOON」や「ファイナルファンタジー15」でも東京都庁舎をイメージした建築物が登場。「ゴジラvsキングギドラ」ではゴジラがぶつかり破壊されている。

・つまりバーチャル都庁が誕生

何かと注目を集める東京都庁だが、ついにデジタル空間へ移転することが判明。つまりバーチャル都庁が誕生するわけだ。これは東京都副知事である宮坂学氏(52歳)が自身の公式Twitterにて発表したもので、以下のようにコメントしている。

・宮坂学氏のコメント

「都庁引っ越します。西新宿からデジタル空間に移転しバーチャル都庁をつくる。物理都庁に加えデジタル空間にもう一つの都庁をつくる。そこは職員が働く場所であり都民が行政サービスを受けられる。リアル一極集中からリアルとデジタルの分散化へ。この方針が本日決まりました。具体化に向けて頑張ります」


・新たにデジタル空間のバーチャル都庁を新設

なかには「西新宿から都庁がなくなっちゃうの!?」と思った人もいるようだが、現在の東京都庁は西新宿に残しつつ、新たにデジタル空間のバーチャル都庁を新設するということのようだ。しかも単なるホームページレベルの話ではなく、リアルな東京都庁でできる手続きの多くがインターネット内で完結するものになるようである。

・基盤となる部分を模索している段階か

早期の実現が望まれるが、しっかりとどのような仕組みで展開していくのか、いまは基盤となる部分を模索している段階だと考えられる。外出せずにさまざまな手続きが完了するのであれば、これほど嬉しいことはないかもしれない。



もっと詳しく読む: 東京都庁が西新宿から移転へ / デジタル空間にヴァーチャル都庁を設立「都民大歓喜」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/29/tokyo-metropolitan-government-established-in-digital/

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。