【話題】キミオアライブ恵口公生先生が死去 / 編集部から打ち切り提案された実録漫画の掲載日に緊急入院「彼女は作品から元気くれた」

恵口公生さん


kimioalive6

月刊少年マガジンで連載中の漫画「キミオアライブ」の作者として知られている恵口公生先生(23歳)が、2020年8月17日(月)に緊急入院し、2日後の8月19日(水)に死去した。

「みずから命を絶ったのではないか」などの憶測が錯綜しているが、人気漫画家の他界というだけでなく、23歳の若さでこの世を去ったことに対し、多くの人たちとが悲しみの声をあげている。ファンのひとりは「彼女は作品から元気くれた」と語っている。

・恵口公生先生は抜き差しならない苦境

あまりにも突然の他界に、この現実を受け入れられないファンが多くいる状態だ。どうして恵口公生先生がこの世を去らなくてはならなかったのか、その原因は公表されておらず不明なままだが、ここ最近、恵口公生先生は抜き差しならない苦境な状況に立たされていたようだ。

・生きるのが嫌になった人の漫画

恵口公生先生は緊急入院をする当日、Twitterのプライベートアカウントで、編集者から連載を終えるよう提案されていたことを実録漫画として描いて投稿し、明かしている。また、その2日前には「生きるのが嫌になった人の漫画」と題する漫画も投稿している。



kimioalive5
kimioalive3
kimioalive4
kimioalive2

・人に元気を与える漫画を描く作家

恵口公生先生は、自身が「打ち切り」という苦境に立たされながらも誰に対しても「恨み節」を書かず、自分自身の力で苦境を乗り切ろうとしているのが、Twitterの投稿から知ることができる。恵口公生先生の真面目で前向きな性格は、Twitterだけでなく漫画作品「キミオアライブ」からも知ることができ、人に元気を与える漫画を描く作家であることもわかる。

・編集部がコメントを発表

恵口公生先生に関係するTwitterアカウントは2個あり、ひとつは恵口公生先生のプライベートアカウント。もうひとつは恵口公生先生の担当編集者が管理するキミオアライブアカウントだ。今回の恵口公生先生の他界に関して、編集部がキミオアライブアカウントにてコメントを発表している。

・コメント

「漫画家 恵口公生先生が令和2年8月17日に緊急入院され、その2日後に逝去されました。先生のあまりにも早すぎる訃報に接し、深い悲しみを禁じえません。心よりご冥福をお祈りいたします。読者の皆様には、これまでのご愛顧に深く感謝を申し上げると共に、謹んでご逝去のご報告を申し上げます」


kimioalive1

・他人には計り知れないほど苦悩か

恵口公生先生は、心が優しく非常にまじめな性格だったと考えられる。そして、自分に厳しい人のようにも思える。それゆえ、作品の打ち切りや、単行本の販売数が少ないことに対し、他人には計り知れないほど苦悩していたのかもしれない。

・これからも人々に元気と希望を与え続ける

恵口公生先生のファンのひとりは「まだ読んだことがない人には今すぐデジタルでもいいので読んでほしい。元気出ますよ。彼女は作品から元気くれた」と語っていた。


・これからも人々に元気と希望を与え続ける

人に元気と希望を与え続けてきた恵口公生先生。そんな恵口公生先生が23歳という若さで旅だったことは悲しいことだが、今まで残してきた作品は、これからも人々に元気と希望を与え続けるのは確かだ。

いま、多くのファンから「キミオアライブを絶版(販売中止)にしないで」などの声があがっている。

もっと詳しく読む: キミオアライブ漫画家・恵口公生先生が死去 / 編集者から打ち切り提案された実録漫画の掲載日に緊急入院(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/30/kimioalive-manga-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。