【大炎上】竹内結子プライベート情報をマスコミに暴露した寿司屋にブチギレ激怒 / 視聴者「あまりの口の軽さにビックリ」

竹内結子


takeuchi-yuko72

竹内結子さん(40歳)がみずから命を絶ち、黄泉の国へと旅立っていった。素晴らしい作品を、素晴らしい演技で盛り上げ、素晴らしい家族との人生を歩んでいると用に思えたが、どうしてみずから天国の扉を開いてしまったのか。日本のみならず、海外からも悲しみの声があがっている。

・美貌と演技力で多くの人たちを魅了

竹内結子さんはさまざまな素晴らしい作品に出演し、その類まれなる美貌と演技力で多くの人たちを魅了してきた。特に「ランチの女王」や「旅猫リポート」は絶賛されている。そして「絶対に観るべき竹内結子のドラマ映画ランキング」も話題になっている。

・竹内結子さんと三浦春馬さんのアドリブ動画

竹内結子さんは最近、人気映画「コンフィデンスマンJP」シリーズに出演し、亡くなった三浦春馬さんらと共演したばかり。そして未公開の「竹内結子さんと三浦春馬さんのアドリブ動画」も注目されたばかりだった。

なかには「コンフィデンスマンJPは呪われた作品だ」などと心ないコメントをしている人もいるが、人に感動を与え続けてきた竹内結子さんだっただけに、たくさんのファンが彼女から元気をもらってきたわけで、その感謝をコメントしている人も多数いる状況だ。




・マスコミが竹内結子さんの自宅に殺到

あまりにもショッキングな竹内結子さんの死去に関するニュースだが、新たな問題がいくつか浮上している。そのひとつは、マスコミが竹内結子さんの自宅付近に殺到し、無慈悲な取材を繰り返している点だ。

竹内結子さんは東京都内の広尾地区にあるマンションに住んでいるが、その周囲にマスコミが殺到し、撮影をしたり、取材をしたりしているため、竹内結子さんの家族に対するプライバシー侵害だけでなく、地域住民に多大な迷惑をかけているというのである。

そもそも、みずから命を絶った竹内結子さんの家族にとって、マスコミが自宅付近に殺到している状況は、メンタルを追い詰める結果になりかねない。




・寿司屋がバッシングを受けている

あまりにも非道すぎるマスコミの行動だが、さらに問題が浮上し、大炎上している。竹内結子さんと夫である中林大樹さん(35歳)がプライベートで訪れた寿司屋に猛烈なバッシングの声が寄せられているのである。どうして寿司屋がバッシングを受けているのか?

・客の情報を簡単に漏らす店?

この寿司屋、2020年9月10日に竹内結子さんが夫婦で訪れたことをマスコミに暴露。そしてその会話内容に関してもペラペラと話し、多くの視聴者が寿司屋に対して「個人情報駄々漏れのお店」「絶対こんな寿司屋やだ」などとして、怒りの声をあげているのである。

・竹内結子が訪れた詳細状況をペラペラと話す

問題視されているのは、2020年9月28日に放送されたフジテレビ番組「バイキング」。テレビ局スタッフの取材に対して、寿司屋の店主や店員が、竹内結子さんが訪れた際の詳細な状況をペラペラと話しているのが確認できた。寿司屋だけでなく、複数の飲食店が竹内結子さんが訪れた際の状況を話していた。

寿司屋は寿司を食べている竹内結子さんに対して「楽しそうっていうイメージはなかった」「真剣にまじめにやり取りしていた」など、夫婦の会話に関して暴露した。また、以前訪れた際の状況もペラペラと話していた。




・プライバシー情報をペラペラと話してしまう行為

竹内結子さんは芸能人であり、一般人よりもプライバシーが守られない立場で生活を余儀なくされている。しかしながら、芸能人でも一般人でも、客が誰であろうと、客のプライバシーを店は守るべきであり、特に今回のような「人の命」に関わる取材の場合、プライバシー情報をペラペラと話してしまう行為は、店として致命的なNG行為ともいえる。

ポジティブな取材でも、ネガティブな取材でも、本来ならば店は客の個人情報はペラペラと話すものではない。それが「人の命がひとつ失われたニュース」であれば、なおさら、マスコミに話すべきではない。

・バッシングも冷静に考えていきたい

寿司屋がナンセンスな判断でマスコミにプライベート情報を暴露しまくった行為は深い極まりない。と、感じる人もいるだろう。怒りの声が出るのも当然かもしれない。だからといって、この寿司屋を必要以上にバッシングし、追いこんだり、誹謗中傷する行為も許されるものではないので、そのあたりは冷静に考えていきたいところだ。

takeuchi-yuko1
takeuchi-yuko888

・天国へと旅立つ決断をした竹内結子さん

おそらく、誰にも悩みを打ち明けられないまま、苦悩し、追い詰められてみずから天国へと旅立つ決断をした竹内結子さん。命を失ってもプライバシーが守られなかったり、遺族が追い詰められる状況を作る行為は、絶対に避けなくてはならない。

それにしても、竹内結子さんの死去は心から深い悲しみが湧いてくる。記事冒頭の写真は竹内結子さんが海外でカニを食べているインスタグラムの掲載写真だが、もう二度と、この笑顔を見ることはできない。

【続報】
【炎上】竹内結子と三浦春馬の死去に他殺説が浮上 / デスノートの存在を視野「死因指定で名前書かれた」



もっと詳しく読む: 竹内結子プライベート情報をマスコミに漏らす寿司屋にブチギレ激怒 / 視聴者「個人情報駄々漏れのお店は絶対行きたくない」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/09/28/criticized-revealing-info-private/

Photo: INSTAGRAM

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。