【衝撃】美人ユーチューバーがダイエット料理のパクリ疑惑で大炎上 / 北岡悟丼をまりな丼として自分のものにした可能性

竹脇まりな先生


marinadon

美人すぎるユーチューバーとしてカリスマ的存在の竹脇まりな先生(30歳)が、インターネット上で大炎上している。彼女はトレーニングや美ボディを求める人たちにとって女神ともいえる存在となっており、YouTube会員は170万人を超えるほどの絶大な支持を得ているが、他人が考えたダイエット料理のアイデアをパクっていたとして、多くの人たちから猛烈なバッシングを受けているのである。

・酷似する北岡悟丼が存在

問題視されているのは、竹脇まりな先生が開発したと誇示する「まりな丼」。これを食べ続ければダイエットに期待が持てるとして話題になっていたが、実はこのまりな丼、すでに酷似する北岡悟丼が存在しており、竹脇まりな先生が「北岡悟丼をパクってまりな丼を作ったのではないか」と物議を醸しているのである。

・「このパクリは酷い」との声

北岡悟丼は格闘家である北岡悟さん(40歳)が考案したもので、レシピに著作権はないとはいえ、あらゆる部分が酷似しているため、道徳的、モラル的、そして人道的に「このパクリは酷い」との声が発生しているのが現状だ。

<まりな丼>
キムチ、納豆、卵、鶏肉、アボカド、オクラ、ブロッコリー、もずく酢 等

<北岡悟丼>
キムチ、納豆、卵、鶏肉、ホウレン草、黒酢、海苔 等

marinadon8

・世間から「パクった可能性がある」とパクリ疑惑

まりな丼は北岡悟丼とメイン食材が同じであり、どちらも丼料理、どちらも「〇〇丼」として名前を冠していることから、世間から「パクった可能性がある」とパクリ疑惑が浮上しているのである。なかには、絶対にパクってまりな丼を作ったと考えている人もいるようだ。

・まりな丼の紹介動画を削除

この件に関してインターネット上で竹脇まりな先生が大炎上。YouTubeに掲載していたまりな丼の紹介動画を削除し、謝罪文を公開。謝罪はしているものの、北岡悟丼をパクったことは認めておらず、まりな丼に酷似するレシピがあることを知らなかったとしている。以下は、竹脇まりな先生の謝罪文である。

marinadon2

・竹脇まりな先生の謝罪文

「先日投稿した動画につきまして、皆様にお伝えしたい事がございます。文章が長いため画像形式で申し訳ございませんが、こちらの添付をご覧いただけますと幸いです。この度は格闘家の北岡悟様をはじめ、動画をご視聴された皆様、申し訳ございませんでした」

「私が先日公開したレシピ動画について、格闘家の北岡悟様が発案された北岡悟丼と類似しているとのご指摘をいただきました。この件に関して、私の確認不足により北岡悟様をはじめ、動画を視聴された皆様には多大なご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。私自身が不勉強で、北岡様が発案されたレシピと内容が類似していることを知らずに、まりな丼と発信してしまいました。発信者として、確認不足だったと深く反省をしております。大変申し訳ございませんでした。北岡悟丼は、長年プロの格闘家として活躍されている北岡様だからこそ、愛情と自信を持って作られているレシピだと、現在認識しております。だからこそ、今回このように不快に思われる動画を出してしまい、北岡様や北岡様のファンの皆様へ、大変申し訳なく思っております。今後は、このようなことを起こさないよう確認の徹底に努めてまいる所存でございます。該当動画およびツイートやインスタ投稿は削除致します。この度は、誠に申し訳ございませんでした。重ねてお詫び申し上げます。竹脇まりな」



・「ネタをパクったかどうか」が焦点

北岡悟丼も、まりな丼も、どちらも激しく美味しそうであり、ヘルシーさも感じる料理だ。自身の名前を料理名につけるほど、美味しさとヘルシーさに自信がある料理でもあるだろう。しかし、美味しさや効果は今回の件に関係なく「ネタをパクったかどうか」が焦点となっている。

・本当にパクっていないのか

竹脇まりな先生の謝罪文を読み解くと、言い訳としては「北岡悟丼はパクっていない」「偶然似ていただけ」ということになり、謝罪の焦点は「確認しなくてごめんなさい」となっている。あくまでパクってはいないという主張となるが、世間はそれを受け入れるかどうかは不明だ。そして本当にパクっていないのか、それは本人のみが知る。



もっと詳しく読む: 【衝撃】美人ユーチューバーがダイエット料理のパクリ疑惑で大炎上 / 北岡悟丼をまりな丼として自分のものに?(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/09/marinadon-kitaokasatorudon-news/

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。