【衝撃】飯塚幸三被告に突撃したユーチューバー大炎上 / 動画公開「オイ! ゴルァ! 謝罪しろ! 犯罪者!」

飯塚幸三


ikebukuro1

東京都豊島区の池袋路上で、100キロ以上の猛スピードで暴走し、複数の人たちを次々とはねて重軽傷を負わせた飯塚幸三被告(89歳)。そして、路上にいた松永莉子ちゃん(3歳)と松永真菜さん(31歳)に猛烈な勢いで突っ込み、母子の命を奪った。多くの人たちを傷つけ、命を奪っておきながら飯塚幸三被告が逮捕されなかったため、日本中から「上級国民だ」とバッシングの声があがった。

・トヨタのプリウスに異常が発生したためと主張

そんな飯塚幸三被告は裁判にて「無罪」を主張しており、事故の原因は乗っていたプリウスの異常によるものと話している。そしてアクセルを踏んでいなかったとも話しているという。つまり事故は自分自身の責任ではなく、トヨタのプリウスに異常が発生したためと主張しているわけだ。

・自分に都合が悪い情報だけウィキペディアから消した?

また、飯塚幸三被告のウィキペディアページから池袋暴走事故の解説が削除されており、しかも編集できない状態になっていることから、自分に都合が悪い情報だけを消しているとして、多くの人たちかせバッシングを受けている。また、池袋暴走事故のウィキペディアページには飯塚幸三被告の名が載っておらず、こちらも編集不可となっている。

ikebukuro-jiko1

・これほど国民から嫌われる被告人は極めて珍しい

やること、なすこと、言うこと、すべてが炎上に結びついてしまう飯塚幸三被告。これほど国民から嫌われる被告人は極めて珍しいが、そんな飯塚幸三被告に対して怒りをぶつけるべく、裁判所に出向いて怒鳴ったり、叫んだり、怒号するなどの行為をしたユーチューバーが物議を醸している。

・飯塚幸三被告に突撃したのは「令和タケちゃん」

飯塚幸三被告に対して突撃したのは「令和タケちゃん」と名乗っているユーチューバーで、裁判所からクルマに乗って出てきた飯塚幸三被告に対し、十数秒間「オイ! ゴルァ! 謝罪しろ! 犯罪者!」と激高し続けた。周囲には大勢のマスコミ関係者がいたが、おかまいなしに怒号を轟かせていた。

確かに、松永莉子ちゃん(3歳)と松永真菜さん(31歳)の命を奪ったことに対して日本中から猛烈な怒りのバッシングを受けている飯塚幸三被告だが、その多くの人たちの怒りを令和タケちゃんが代弁したということだろうか。

img25

・元自衛隊員が突撃したとの情報アリ

どのような意図があって飯塚幸三被告に突撃したのか、真意は不明だが、令和タケちゃんのYouTubeプロフィールには「元自衛隊員」「マスコミが報道しないタブーや政治喧嘩系、そして撃退系動画を中心に配信してます!! 真実、事件、ネタは現場に有り!現場主義でYouTube配信します!」と書かれている。

・飯塚幸三被告は多くのマスコミから注目

この令和タケちゃんの行為に対して、多くの人たちから賛否両論の声があがっている。一部からは「売名ではないか」との声も出ているが、やや過激なスタイルで話題の人物に突撃するのがスタンスのようである。現在、飯塚幸三被告は多くのマスコミから注目されており、その判決が待たれている。

もっと詳しく読む: 飯塚幸三被告に突撃したユーチューバー大炎上 / 動画公開「オイ! ゴルァ! 謝罪しろ! 犯罪者!」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/10/youtuber-assaulting-direct-appeal/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。