【衝撃】報道ステーションが印象操作を指摘され大炎上 / 日本学術会議で意図的に偏向報道か

報道ステーション


hst-tvasahi-hodo-station-news

テレビ朝日の報道バラエティ番組「報道ステーション」が大炎上している。番組内で菅義偉首相と日本学術会議のニュースを報じた際、画面に表示したテロップに悪意があると感じた視聴者が多くおり、「偏向報道だ」「印象操作だ」と猛烈なバッシングを受けているのである。

・日本学術会議のあり方について調査報告

問題視されているのは、2020年10月19日(月曜日)に放送された報道ステーション。番組内で「日本学術会議のあり方」についての調査報告を報じており、「見直すべき 64%」「見直すべきだと思わない 16%」と視聴者に伝えた。

・グラフのようなイメージで調査結果を表示

情報としては問題ないし、正しい情報だと思われるが、画面に表示されたテロップが問題だった。あたかもグラフのようなイメージで調査結果を表示し、しかも「見直すべきだと思わない 16%」のほうが人数が多いかのようなデザインで表示したのである。

実際のところ、テロップはグラフではなく、パーセンテージで調査結果を並べただけだった。しかし、色付けした棒グラフのように表示したため、「見直すべき 64%」より「見直すべきだと思わない 16%」のほうが多いかのような印象を受けた人が多くいたようだ。



・嘘や誤報をしているわけではないが

情報を曲げて報じたわけではないし、嘘や誤報をしているわけではない。しかし、一見、グラフのように見えてしまうため、パッと見た印象として「見直すべきだと思わない」のほうが多くいるように感じてしまう人がいてもおかしくないと考えられる。

・何らかの意図をもって印象操作や偏向報道か

報道ステーションを含むテレビ朝日のスタッフ、が何らかの意図をもって印象操作や偏向報道をしたと思っている人が少なからずいるようだ。

しかし、声としては正しく報じており、テロップもグラフっぽいけどグラフではないため、「印象操作ではない」「誤解を与えたが意図的ではない」と言い訳されれば、それ以上を追及することは難しいかもしれない。

hst-tvasahi-hodo-station-news1

・報道ステーションの表現や報道に疑問視

報道ステーションは、ときおり、中立性が求められる報道番組でありながら、偏った報道をしているとしてバッシングを受けることがある。今回もその流れのなかにある展開であり、多くの人たちが報道ステーションの表現や報道に疑問視しているのが現状だ。

・テレビ局が印象操作をすればネット炎上に直結

テレビ朝日の報道ステーションは報道バラエティ番組として多くの人たちが観ている番組である。インターネットが日常的になったいま、信頼されるテレビ局が印象操作や偏向報道をすれば、すぐさま悪評が拡散することを知ったほうが良いかもしれない。



もっと詳しく読む: 報道ステーションが印象操作を指摘され大炎上 / 日本学術会議で意図的に偏向報道か(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/20/hst-tvasahi-hodo-station-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。