【話題】死去したキミオアライブ恵口公生先生の家族が心境をネットで語る / 仕事場も公開「MOTHERファンか」

キミオアライブ


kimioalive6

恵口公生先生(23歳)は、人気漫画「キミオアライブ」や「ボーイミーツマリア」の作者であり、多くの人たちに勇気と元気を与え続けた作家だ。彼女が亡くなったことに対して多くの人たちがショックを受けるとともに、他人にはわからない強い苦悩の中に生きていたことを知り、二重でショックを受けた。

・恵口公生先生の親族がいまの心境を吐露

人の心に響く物語を描き続けてきた恵口公生先だったが、2020年8月17日(月)に緊急入院し、その2日後である8月19日(水)に天国へと旅立ってしまった。亡くなった理由は公開されていないが、みずから命を絶ったと言われており、ファンが感じた悲しみは深い。

恵口公生先の家族がTwitterを開設し、ファンと交流しつつ、いまの心境を吐露している。そこには親族だからこそわかることが書かれており、親族だけにしかわからない強い悲しみがあることが理解できる。

・家族のTwitterコメント

「娘が亡くなって二ヶ月が過ぎました。一年間過ごしたアパートから引き上げた洋服や荷物、原稿の打ち合わせに使っていたカバンなどが 娘の部屋に置かれています。引き上げてすぐは辛くて見れず、何日もかけて目をならしていきました。よく着てた部屋着はまだ辛くて見れず袋に入ったままです。娘は中学高校と美術部でした。それ以前はピアノを習っていました。その時のピアノの先生からお花をいただきました。遺影のまわりがパーッと華やかになり あの子も喜んでる気がします」



恵口公生先生の家族がTwitterに投稿した画像には、恵口公生先生の部屋にあったと思われるフィギュアなどが写されていた。そこには糸井重里さんが携わったゲーム「MOTHER」の主人公ネスのフィギュアや、「ナルト」のフィギュア、Wii本体などが置かれていた。

また、眠気を覚ますためなのか、大量のカフェインとアルギニンが含まれるエナジードリンク「めがぱち」も飲んでいたようだ。

・ファンに愛されている

生前、恵口公生先生は単行本が売れないことを担当編集者らに告げられ、その状況に心から苦悩していたようだ。自身の公式Twitterでファンに向けて協力をお願いし、たくさんのファンが恵口公生先生の気持ちを受けて賛同。どれだけ恵口公生先生がファンに愛されているか理解できる展開と言える。



・彼女の作品は永遠に残り続ける

いま、恵口公生先生はこの世にいない。しかし彼女の作品は永遠に残り続けるし、いま現在も、恵口公生先生の作品から勇気と元気と希望をもらい、日々を生きているファンが多数いる。恵口公生先生の家族も誇らしいのではないだろうか。

現在、書店では「キミオアライブ」が手に入りにくいとの情報もある。書店により在庫数に差はあるかもしれないが、気になる人は手に取って、家でじっくりと読んでみてはいかがだろうか。



もっと詳しく読む: 死去したキミオアライブ恵口公生先生の家族が心境をネットで語る / 仕事場も公開「MOTHERファンか」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/22/kimio-alive-family-feelings/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。