【衝撃】ホリエモンの仲間入店拒否で休業の餃子屋「四一餃子」がネット資金調達開始! 一気に500万円集まる「頑張れ!」

四一餃子


gyoza1

元ライブドア社長であり実業家でもあるホリエモンこと堀江貴文さん(47歳)のグルーブが、広島県尾道市の餃子専門店「四一餃子」に入店しようとした際、マスクを着用していなかった者がいたため、入店拒否トラブルへと展開。堀江貴文さんがネットで入店拒否があったことを書き込みしたところ、店が特定される事態に。さまざまな嫌がらせが発生し、店主や従業員の妻が病み、休業を余儀なくされていた。

・妻の体調不良もあり将来が不安視

店主は自身の公式Twitterで苦悩を吐露し、妻の体調不良もあり将来が不安視されていたが、インターネット通販を開始するべくインターネット上で資金調達を開始。クラウドファンディングのシステムを活用し、再起へ向けて動き出した。

・開始から短時間で約500万円もの資金

もともと店に対して同情する人や応援する人たちが多かったためか、クラウドファンディング開始から短時間で約500万円もの支援金が集まった。これは単なる同情という気持ちだけで集まるような金額ではなく、そこには「餃子として美味しいから食べたい」「どんな餃子なのか食べたい」などのグルメ志向な人たちを動かす魅力があったから集まって金額だと考えられる。

gyoza2

・インターネット通販をする準備資金を集める

改めて今回の資金調達を説明すると、餃子専門店「四一餃子」がインターネット通販をするための準備資金を集めるクラウドファンディングで、支援額によって、返礼品(リターン)の内容が違ってくる。最安値は「店からお礼のメールが届く」というもので、1000円から支援できる。最高額は10万円で、「店主1日貸出権」「出張餃子焼き方教室」などが用意されている。

・支援額別によるリターン

1000円 お礼のメール
3000円 尾道の絵葉書を使用したお礼の葉書
5000円 お礼状
10000円 お礼状 餃子 シソ餃子 しようが餃子 各12個 計36個
20000円 お礼状 餃子 シソ餃子 しようが餃子 各12個 計36個 Tシャツ
100000円 店主1日貸出権
100000円 出張餃子焼き方教室



・一部完売したリターンも存在

現在、多数の人たちがクラウドファンディングで新規援助しており、驚くことに、最高値10万円の「店主1日貸出権」「出張餃子焼き方教室」が完売している。インターネット上では「頑張れ!」と応援の声も多数寄せられているようだが、どんな餃子なのか試しに食べてみたい人は、実際に餃子が届く10000円か20000円の援助をするといいだろう。

・今まで通り美味しい餃子を作り続ける日

トラブルがトラブルを招き、苦悩する毎日を送っていたと思われる店主と妻。今回のクラウドファンディングで多くの人たちが支援し、今まで通り美味しい餃子を作り続ける日が訪れることを切に願う。

餃子マニアが絶賛し、尾道市でも美味しいと評判の餃子の味はどんなのものなのか? その点にも注目が集まりそうだ。確かめるには、実際に食べるしかないのは言うまでもない。


もっと詳しく読む: 【衝撃】ホリエモンの仲間入店拒否で休業の餃子屋「四一餃子」がネット資金調達開始! 一気に500万円集まる「頑張れ!」(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/10/25/gyoza-onomichi-crowdfunding/

東京メインディッシュ

気になる”お店”のオススメが分かる、使えるレストラン情報!東京を中心とした秘密のグルメや”おいしい”ニュースを、某編集者たちがお届けします☆