【衝撃】轢き逃げ逮捕の伊藤健太郎容疑者の極悪行為に国民ブチギレ激怒 / クルマ止めずガチ逃げしてた「重傷者を放置」

伊藤健太郎容疑者


ito-kentaro6

伊藤健太郎容疑者(23歳)はイケメン俳優として絶大な支持を得ていた人物だが、今回の事件で芸能界復帰は絶望とされている。2020年10月28日に伊藤健太郎容疑者が運転するクルマがバイクと衝突し、男女が重軽傷を負ったにもかかわらず、その場から逃げたのである。つまり轢き逃げをしたとされているのだ。しかし、伊藤健太郎容疑者の極悪っぷりはそれだけではなかった。

・介抱や警察や救急等に連絡せず

今回の事故は、東京都渋谷区の路上を走行する伊藤健太郎容疑者のクルマが起こした。バイクと衝突し、男性(26歳)が軽傷、女性(27歳)が足の骨を折るなどの重傷を負ったのだ。事故が発生した際、伊藤健太郎容疑者はすぐさま介抱や警察や救急等に連絡をすべきだが、伊藤健太郎容疑者はそんなことはしなかった。

・止まらずその場から逃げ去った

伊藤健太郎容疑者はバイクと衝突した際、いっさい止まることをせず、その場から逃げ去ったというのである。つまり、まったく男女を助けることをせず、ガチで逃げたというのだ。

事故のようすを目撃していたタクシードライバーによると、伊藤健太郎容疑者はバイクの男女をひいたにも関わらず、クルマを止めることなく走行。後続車が追いかけてクラクションを鳴らし、事故発生現場に戻るように促したという。よって、後続車に指摘されていなければ、重傷者を放置してそのまま逃げていた事になる。

ito-kentaro4
ito-kentaro3


ito-kentaro5
ito-kentaro1
ito-kentaro2

・伊藤健太郎容疑者の轢き逃げ行為

重大事故を起こしておきながら、何事も無かったかのようにその場から逃走した可能性が高い伊藤健太郎容疑者。骨折は重症だが、より致命的な傷を負っていた場合、逃げたことによって「助かる命が助からない場合」もありえる。そう考えれば、伊藤健太郎容疑者の轢き逃げ行為は、非人道的な冷酷行為であることがわかる。

・怒りと悲しみと悔しさの声が投稿

インターネット上では猛烈に伊藤健太郎容疑者に対して怒りと悲しみと悔しさの声が投稿されており、芸能人として、そしてひとりの人間として、人格を疑われる状況となっている。クリーンで誠実で、そしてユーモアがある好青年なイメージの伊藤健太郎容疑者だっただけに、ファンのショックは大きい。



・ファンだった人も厳しい声を投稿

伊藤健太郎容疑者は自身の公式ツイッターやインスタグラムに日々の出来事を投稿するなどしているが、多くの人たちが伊藤健太郎容疑者に対するバッシングの声が寄せられており、炎上状態となっている。ファンだった人も厳しい声を投稿しており、「ファンだから許す」という考えの人は少ないようだ。轢き逃げ事件という凶悪な行為は、たとえファンでも許せないのだろう。

・まずは被害者の回復とメンタルを最優先

伊藤健太郎容疑者は非常に芸達者であり、彼が演じる登場人物は、そのすべてに味があり、奥深さを感じられる。今回の凶悪事件で芸能界追放の可能性が高まってきたが、まずは被害者の回復とメンタルを最優先に考え、反省の日々を送ることになるのは間違いないだろう。

【続報】
【衝撃】伊藤健太郎容疑者の免許証をネット暴露 / 4月に轢き逃げ被害に遭った人物が流出「こいつ常習犯」

【続報】
【衝撃】轢き逃げ・伊藤健太郎と伊勢谷友介の逮捕で「とんかつDJアゲ太郎」が緊急事態 / ネットの声「次は誰が逮捕だ」





もっと詳しく読む: 【衝撃】轢き逃げ逮捕の伊藤健太郎容疑者の極悪行為に国民ブチギレ激怒 / クルマ止めずガチ逃げしてた(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/29/ito-kentaro-jiko-hikinige-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。