【賛否両論】博多阪急のクリスマスケーキが大炎上 / 女性蔑視との声「気持ち悪いしミソジニー丸出し」

博多阪急のクリスマスケーキ


christmas-cake-is-a-problem-news1

博多阪急が予約販売を開始したクリスマスケーキが炎上している。クリスマスケーキのデザインが、ミソジニー(女性蔑視)との声が出ており、物議を醸しているのである。

・博多阪急のクリスマスケーキ「グラマラス」

注目を集めているのは、博多阪急が予約販売しているパティスリールイのクリスマスケーキ「グラマラス」。価格は7020円で、限定10個のプレミアムなクリスマスケーキだ。デザインは全体的にピンク色をしており、ラグビーボールを押し潰したような形状。ボリューム感と厚みがあり、中央部分に穴が空いている。穴の周囲には、突起や雪の結晶などをモチーフにした、さまざまなデコレーションが施されている。

・魅惑的な女性をイメージしたケーキ

博多阪急はこのクリスマスケーキに対して「魅惑的な女性をイメージしたケーキ。タヒチアンバニラ、ブロンテ産ピスタチオ、二重発酵ショコラが織りなすグラマラスなケーキ」と解説している。このクリスマスケーキのデザインが、女性蔑視しているとの指摘がインターネット上であがっており、一部の人たちがTwitter等で不快感をあらわにしている状態だ。

・Twitterコメント

「気持ち悪いしミソジニー丸出しですよ? デパートの催事は女性客がメインターゲットですよね?こんなことしてたら顧客からドン引きされますよ」

「まさか2020年にもなってこんな事を言いことになるとは…言いたかないけど、さすが九州ですね…」




christmas-cake-is-a-problem-news

・文句を言っている人のほうが炎上している

文句がつけられている博多阪急のクリスマスケーキだが、文句を言っている人よりも、擁護している人のほうが多いように感じられる。「文句を言っている人のほうが心が汚れているのでは」的な意見が多く出ているのが現状であり、ケーキが炎上しているというよりも、文句を言っている人のほうが炎上しているともいえる。

・ただ単に可愛らしいデザインに仕上げただけ?

このご時世でなくとも、一流のデパートが女性蔑視的なデザインのケーキをわざわざ販売するだろうか。そういう視点から考えても、今回のクリスマスケーキのデザインは、女性蔑視の意図はなく、ただ単に可愛らしいデザインに仕上げただけといえるかもしれない。

もちろん、人によって感覚が違うのは当たり前であり、このデザインからデリケートな部分をイメージしてしまう人もいるかもしれないが……。皆さんはこのクリスマスケーキ、どのように感じただろうか。



もっと詳しく読む: 博多阪急のクリスマスケーキが大炎上 / 女性蔑視との声「気持ち悪いしミソジニー丸出し」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/30/christmas-cake-is-a-problem-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。