【衝撃】轢き逃げ伊藤健太郎容疑者の鬼畜行動が判明 / 事故後も「スマホいじり」ほぼ救護活動せず

伊藤健太郎容疑者


ito-kentaro4

伊藤健太郎容疑者(23歳)が警視庁に轢き逃げによる道路交通法違反で逮捕されてから数日が経ったが、あまりにも非道すぎる鬼畜行為をしていた事が判明し、インターネット上で炎上状態となっている。伊藤健太郎容疑者は事故現場でスマホをいじり、ほぼ救護活動をしていなかったことが判明したのである。

・女性が脚を骨折するなどの重傷

伊藤健太郎容疑者の事故は、残酷と言っても過言ではない冷酷なものだった。2020年10月28日(水曜日)に東京都渋谷区千駄ケ谷一丁目の路上にて、伊藤健太郎容疑者が運転するクルマがUターンしようとした際に2人乗りバイクと衝突。この事故によって男性が軽傷、女性が脚を骨折するなどの重傷を負った。

・ほぼ救護せずスマホをいじっていた

伊藤健太郎容疑者は事故が発生したと知りながら、クルマを止めることなくその場から立ち去り、いわゆる轢き逃げともいえる行為をした。しかし後続車に追跡され、説得に応じて現場に戻ってきた。ただでさえ轢き逃げ行為は許されるものではないが、伊藤健太郎容疑者の鬼畜行為はこれだけではなかった。

伊藤健太郎容疑者は、現場に戻ったあと、ケガ人をほぼ救護せず、スマホをいじっていたというのである。特に焦るようすもみせず、平然とスマホをいじり続けたというのである。

ito-kentaro1


ito-kentaro2
ito-kentaro5
ito-kentaro6

・伊藤健太郎容疑者はほぼ救護せず

運転目巨匠を所持している人であれば常識だが、自己でケガ人が発生した場合、救護活動をすることが義務とされている。しかし伊藤健太郎容疑者はほぼ救護せず、スマホをいじめほうが大切だと感じていたようである。

・轢き逃げして救護活動を放棄しスマホいじり

場合によっては、目の前にいる人の命が失われることもある交通事故。しかも轢き逃げともいえる逃走後での救護放棄は決して許されるものではない。

運転時に確認作業を怠り、轢き逃げをし、さらに救護活動を放棄してスマホいじり。まさに鬼畜の所業と言われてもおかしくない。

ito-kentaro3


・本人は冷徹で鬼畜な人格の持ち主なのか

多くの人たちが、伊藤健太郎容疑者に対して怒りの声をあげている。どんな交通事故でも惨事なのは確かだが、今回は轢き逃げであり、伊藤健太郎容疑者の人格を疑われる事態となっている。多くのファンがいる伊藤健太郎容疑者だったが、本人は冷徹で鬼畜な人格の持ち主なのだろうか。

・もう取り返しがつかない状況

伊藤健太郎容疑者の芸能界の復帰は絶望視されており、今後、新たな作品で伊藤健太郎容疑者の姿を見ることはないといわれている。事故発生時、その場で適切な対応をしていれば、世間の伊藤健太郎容疑者を見る目も変わったと思われるが、もう取り返しがつかない状況となっているのは確かだ。

いま現在、インターネット上では伊藤健太郎容疑者の運転免許証の写真が拡散されており、かつて事故を起こした際に被害者に撮影されたものとされている。





もっと詳しく読む: 轢き逃げ伊藤健太郎容疑者の鬼畜行動が判明 / 事故後も「スマホいじり」ほぼ救護活動せず(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/10/31/ito-kentaro-hikinige-sumahoijiri/

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。