【衝撃】ローソン推しのセブンイレブン関係者がスカスカサンドイッチに言及「あ バレた?」「デフォルト過ぎてお詫び言い始めたらキリがない」

セブンはないけどいい気分


sandwich-with-few-ingredients

セブンイレブンは多くの人たちに愛されている人気のコンビニエンスストアだ。コンビニのなかでもスタッフの態度が良いほうだと評判らしく、日常的に常連化している地域住民も多いようである。そんなセブンイレブンで問題視されているのが、見た目よりも具が少ないサンドイッチだ。

・内部の具が極端に少ない

セブンイレブンの一部のサンドイッチが、見た目はボリュームがあるように見えるものの、実際は具が少ないことが判明し、多くの人たちが怒りの声をあげているのである。確かに、包装状態では具がたっぷり入っているように見えるが、サンドイッチの中身を見てみると、目視できる部分にだけ具があり、内部には具が極端に少ないものが確認された。

・消費者としては騙された気分になる

これに対して多くの人たちが怒りの声をあげているが、セブンイレブン本部は急に改善することができないのか、いまだに内部の具が少ないサンドイッチが出荷され続けているようである。

できるだけ値段を抑えて利益を出すために企業努力した結果かもしれないが、消費者としては騙された気分になるのは確かであり、しっかりと具が詰まったサンドイッチを作って欲しいと願っている。

sandwich-with-few-ingredients4



sandwich-with-few-ingredients1
sandwich-with-few-ingredients

・セブンイレブンのスカスカサンドイッチに言及

大炎上し続けているセブンイレブンのサンドイッチだが、なんと、セブンイレブン店舗がみずからセブンイレブンのスカスカサンドイッチに言及。セブンイレブンとしてはあまり触れたくない「スカスカサンドイッチの話題」に触れているのである。

このセブンイレブン店舗は、「ムサコのセブン」という愛称でTwitterをやっており、消費者の立場に立ってコメントしているとして高評価を得ており、多くのファンがいる店舗。以下は、セブンイレブン店舗によるサンドイッチに対するTwitterコメントである。

・コメント

「デフォルト過ぎてお詫び言い始めたらキリがないぞ」

「あ、バレた?」


・悪いものは悪いとしっかりコメント

セブンイレブン本部というボスがいながら、消費者の立場に立ってコメントする行為は、非常に勇気がいる行為であり、リスクも伴うと思われる。それでも消費者の意見を受け止め、良いものは良い、悪いものは悪いとしっかりコメントしている点が素晴らしすぎる。だからこそ、多くのファンがいるのだろう。

・近い将来にスカスカサンドイッチがなくなる?

少なくとも、セブンイレブンのスカスカサンドイッチを消費者が「なんか騙された気分」と思っているのは事実であり、消費者と同じように思っているセブンイレブンのなかの人がいる事がわかった。もしかすると、近い将来にスカスカサンドイッチがこの世からなくなるかもしれない!?

消費者の気持ちをしっかり理解してくれているムサコのセブンに敬意を表したい。





もっと詳しく読む: ローソン推しのセブンイレブン関係者がスカスカサンドイッチに言及「あ バレた?」「デフォルト過ぎてお詫び言い始めたらキリがない」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/11/06/sandwich-with-7-eleven-manager/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。