【衝撃】逆襲のマスク拒否男 / 操縦士を大批判して大炎上「こんな人に飛行機操縦させていいのか」

Mask refusal men Counterattack


mask-kyohi

釧路から関西国際苦移行へ向けて飛び立つピーチアビエーションの飛行機に搭乗し、マスク着用を求めたものの断固として拒否。そして飛行中に客室乗務員(CA)や他の客とトラブルを起こし、新潟に緊急着陸。そのニュースが報じられ、大炎上を起こしたマスク拒否男が、新たに物議を醸している。

・こんな人に飛行機を操縦させて宜しいのでしょうか

マスク拒否男が、自身のTwitterにて飛行機の副操縦士に対し、「こんな人に飛行機を操縦させて宜しいのでしょうか」「航空業界から一掃されるべき」などと発言。大炎上しているのである。

・マスク拒否男が副操縦士に対して不快感

副操縦士と思われる人物は、自身のTwitterにてマスクの着用拒否をする人に対して苦言を呈した。するとそれに反応したマスク拒否男が副操縦士に対して不快感を示すコメントをしたのである。

abema-news1
kushiro1




マスク拒否男は副操縦士のTwitterコメントに対してかなり不快に思ったようで、反論として強めの意見を述べている。以下が、一連のコメントの流れである。

・副操縦士のコメント

「マスク拒否する人は緊急脱出時に「荷物持たないで!」とお願いしても聞いてくれない可能性あるんで危ないんです。だから排除。一度飛んだら、皆を無傷で地上に降ろさなきゃいけないんです。だから不安全要素は排除。排除排除排除。これ、現場の人間の仕事なんです。ワカんないなら飛行機乗らないで」

・マスク拒否男のコメント

「こんな人に飛行機を操縦させて宜しいのでしょうか。公共性の高い乗り物であるからこそ誰もが飛行機に乗る権利があります。安易に排除を良しとする選別主義的な風潮こそ航空業界から一掃されるべきです」

<インターネット上の声>
「マスク拒否を拒否されて熱くなってる」
「リスクになりうるものは極力排除が基本」
「機内で迷惑行為をする人物こそ乗客から一掃されるべき」
「過去多大な犠牲を払い確立してきた安全を最優先にした考え」
「自分が正しいと信じきっている、おめでたい人間も珍しいだろう」
「あなたみたいなひと、航空客から一掃されて欲しい。切に願います」
「ここまで言える人なら安心して操縦を任せられます」
「飛行機の操縦士には安全確保の為に、不当に指示に従わない人を排除する権限と義務があります」





・「なんらかのトラブルを起こしそう」という不安

マスク拒否男に対して賛同する声もあるが、大多数がマスク拒否男を批判し、そして副操縦士の考えを支持しているようだ。もし自分がマスク拒否男と同じ飛行機に乗った場合、やはり不安に感じるという人は少なくないようだ。マスク拒否が問題というより「なんらかのトラブルを起こしそう」という不安かもしれない。

・他人と自分の不安要素を減らす努力が必要

世間一般的には、新型コロナウイルスの感染予防としてマスク着用が効果的との説が有力視されている。マスク着用が困難な人がいることも知られており、理解されつつあるが、マスクを着用出来ないのであれば、フェイスガードや他の予防手段で、他人と自分の不安要素を減らす努力が必要なのは言うまでもない。

・マスク拒否男の本名が全国に知れ渡った可能性

いま現在、マスク拒否男はインターネットニュース番組などに顔を出して出演するなど、活発に活動している。そんななか、TBS番組のミスにより本名が全国に知れ渡った可能性があるといわれている。

その影響により、マスク拒否男に対するバッシングや「ホテルや飛行機でのブラックリスト入り」が懸念されている。マスク拒否が原因で彼の個人情報が拡散し被害を受けることは避けなくてはならないが、今後、さまざまな議論を呼びそうである。





もっと詳しく読む: 逆襲のマスク拒否男 / 操縦士を大批判して大炎上「こんな人に飛行機操縦させていいのか」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/12/03/mask-refusal-man-counterattack/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。