【議論】NIKE公式動画に「捏造」「日本人差別だ」とブチギレ激怒の猛抗議 / 炎上でも動画削除せず

NIKE JAPAN


image2

NIKEは世界的に有名なスポーツ用品ブランドだ。スポーツ業界だけでなく、さまざまな分野において重要な役割を果たしており、エンターテインメントとしても「バック・トゥ・ザ・フューチャーIII」の劇中にシューズが出てくるなど、その人気度は計り知れない。そんなNIKEが公開した動画が大炎上し、猛抗議を受けている。

・複数人の子どもたちが主人公のNIKEショートドラマ

NIKE JAPANが公開した公式YouTube動画が物議を醸しているのである。その動画のタイトルは「「動かしつづける。自分を。未来を。The Future Isn’t Waiting. Nike」となっており、複数人の子どもたちが主人公のショートドラマ的な内容となっている。NIKE JAPANはこの動画に対して以下の紹介文を公開している。

・NIKE JAPANの動画紹介コメント

「アスリートのリアルな実体験に基づいたストーリー。3人のサッカー少女が、スポーツを通して、日々の苦悩や葛藤を乗り越え、自分たちの未来を動かしつづける。You Can’t Stop Us」


・捏造や日本人差別との声が出ている

動画に登場する複数の子どもたち。日本国内の学校にてイジメや差別的な行為を受け、傷つき、葛藤しながらも前進して生きている姿を描いたようだが、その内容に対して、捏造や日本人差別との声が出ているのである。NIKE JAPANは「リアルな実体験に基づいたストーリー」としているが、出演している子供たちの設定や演出に、許容できない捏造が入っているとの疑惑が浮上している。

特に問題視されているのが、実際は日本国内の朝鮮学校に通っていた子どもが、このNIKE公式動画の設定では日本人が通う学校になっていたという点だ。その設定変更が事実ならば、疑問に思う人がいてもおかしくない。

本当に「リアルな実体験に基づいたストーリー」ならば、実際は朝鮮学校でイジメを受けていた事にもなるが、動画では日本人が通う学校になっているため、「日本の学校でイジメが発生している」と思ってしまう人がいるのも理解できる。







image1
image2

・少なくとも大炎上しているのは事実

このNIKE JAPAN の公式動画の内容に関して、「みんなでNIKEの不買運動をしましょう」「ナイキさよなら」「俺はNIKEを信じてます」「NIKEのCM普通に良かったわ」など賛否両論となっているが、少なくとも大炎上しているのは事実であり、NIKE JAPANに対して猛抗議する人も出てきている。

・存在しない差別を存在していたかのように?

NIKE JAPANは「リアルな実体験に基づいたストーリー」としており、存在しない差別をあたかも存在していたかのように演出していることが事実だとすれば、それは問題視されてもおかしくない。

・どのような意図でこの動画を公開したのか

しかし、現在は真相に到達できるほど判断材料が多い状態ではなく、NUKE JAPANがどのような意図でこの動画を公開したのか、そのあたり、公式コメントを発表すべきだろう。もしNIKE JAPANが「世の中で差別について議論する機会を作りたかった」というのであれば、今回のやり方は、あまりにも説明不足であり、誤解を招きやすいし、乱暴すぎるといえるかもしれない。

現状、猛抗議の声が出て炎上していても、NIKE JAPANは動画を削除していない。その点をふまえて考えれば、NIKE KAPANにはこの動画に対して確固たる強い信念があるのだろう。





もっと詳しく読む: NIKE公式動画に「捏造」「日本人差別だ」とブチギレ激怒の猛抗議 / 炎上でも動画削除せず(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/12/03/movie-that-is-regarded-as-problem/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。