【衝撃】光本勇介が恵比寿テキーラ女性死去騒動の現場にいたと認める / テキーラ一気飲みゲームも光本勇介が考案 → 大炎上

光本勇介


img

東京都でも有数の繁華街として知られている恵比寿。そこにある飲食店にて、女性がテキーラを一気飲みし、その後にこの世を去った。

・恵比寿テキーラ一気飲み女性死去

女性は男性を接客しつつ、テキーラを15分以内に一気飲みできれば10万円がもらえるというゲームにチャレンジし、その直後に死去した。テキーラをグラスで一気飲みすることすら避けるべきだが、なんと、このテキーラゲームでは1瓶を一気飲みするルールだったという。

・誰かか一気を強要したのでは

テキーラを1瓶一気飲みした場合、健康被害が出る事はわかりきったことだし、命を落としてもおかしくない。「誰かか一気を強要したのでは」「酷すぎるテキーラゲームを考えたのは誰だ」「誰も止めなかったのか」などと怒りの声がインターネット上で拡散していたが、新たな情報が入ってきた。

・テキーラゲームの内容自体は光本氏自身が考案

亡くなった女性がテキーラを一気飲みした現場に、客としてIT長者の光本勇介(40歳)がいた事が判明。今まで一部の事情通がインターネット上で光本勇介の名前を出し、恵比寿テキーラ騒動の巨悪の権化として猛烈にバッシングしていたが、その情報の一部は概ね正しいことが判明した。

光本勇介が、みずからマスコミに「その現場にいた」「テキーラゲームの内容自体は光本自身が考案」「飲む行為を最終的に止めなかった」等の情報を認めたのである。

光本勇介が考案したテキーラゲームに挑戦した女性だったが、その直後に嘔吐。しかし彼はその場をあとにしたと新潮に語っている。その後、女性は他界した。





<判明している事>
光本勇介は問題となっている恵比寿の現場にいた
テキーラゲームを考案したのは光本勇介
テキーラゲームは15分で1瓶を飲み干すと10万円もらえるルール
光本勇介はテキーラゲームをときどきやっていた
恵比寿でテキーラ1瓶一気飲みのテキーラゲームをした女性がその後に亡くなった
光本勇介は女性のテキーラ一気飲みを最終的に止めなかった

・テキーラを1瓶一気飲みする行為は「死」

まさに、鬼畜の所業。光本勇介によると、亡くなった女性はみずからテキーラゲームをやりたいと言い出したらしいが、そもそも、テキーラを1瓶一気飲みする行為が「命を落とす危険性がある」ことを常識的な大人が知らないわけがない。

当然、テキーラを一気飲みしている女性を止めなかったことは許されないし、テキーラ1瓶を一気飲みするゲームを考案している時点で、光本勇介は地獄の業火に焼かれてもおかしくない鬼畜すぎる行為をさせたといえる。弁護士はこれらの行為が罪に問われる可能性があることを示唆している。

・死 人 に 口 な し

そんな光本勇介だが、あたかも他人事のように「非常に残念でなりません」とマスコミにコメントしている。そして、自分にはまったく責任がないかのような言い回しばかりで、多くの人たちが光本勇介の発言に対してこう思っている。

死 人 に 口 な し。

【続報】
【衝撃】恵比寿テキーラ一気飲み女性死去事件 / 光本勇介が女50人に飲酒強要か! 被害女性が怒り「許せない」





もっと詳しく読む: 光本勇介が恵比寿テキーラ女性死去騒動の現場にいたと認める / テキーラ一気飲みゲームも光本勇介が考案 → 大炎上(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/12/10/mitsumoto-yusuke-ebisu-tequila-uproar/

※一部写真は光本勇介のインスタグラムより

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。