【炎上】サプリ企業DHCが差別的表現か / 多くの人が怒りと不快感「差別企業DHCの商品は買いません」


images032

サプリメントの人気ブランドとして知られているDHCが、自社の公式サイトに差別的な表現をしているとして大炎上しています。大企業が差別的な思想を持っているかのような表現もあり、ショックを受けてる人もいるようです。

・韓国人を馬鹿にするかのような表現

問題視され大炎上しているのは、DHC公式サイトに掲載された、代表取締役会長である𠮷田嘉明氏のコメント。そこには、他社を貶める言葉だけでなく、韓国人を馬鹿にするかのような表現があり、多くの人たちが怒っています。

・思想が差別的であった場合はリスク大

どんな思想を持とうと他人や他社が矯正も矯正もできるものではありませんが、もしその思想が差別的であった場合、それを言葉にしたり、他人に伝えた時点で批判は避けられません。



・どうしてあのようなコメントを掲載したのか

どうしてDHCが、そのようなコメントを公式サイトに掲載したのか、理解に苦しんでいる人が多くいます。DHCに対し、攻撃的な企業、差別的な思想、と思う人がいてもおかしくない状態といえます。

・差別企業DHCの商品は買いません

Twitterでは多くの人たちが「差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグをつけ、DHCの思想に対して抗議し、怒りをあらわにして大炎上しています。



もっと詳しく読む: 【炎上】サプリ企業DHCが差別的表現か / 多くの人が怒りと不快感「差別企業DHCの商品は買いません」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/12/16/discrimination-makes-people-sad/

※冒頭画像は苦悩のイメージです

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。