【衝撃】習近平総書記が脳動脈瘤で入院したとの緊急報道 / 事実なら「くも膜下出血」で命の危険も

习近平総書記が脳動脈瘤で入院か


xi-jinping-hospitalized-for-cerebral-aneurysm

習近平総書記(67歳)が脳動脈瘤の影響により入院しているとの報道がされ、多くの人たちが衝撃を受け、動揺を隠せずにいる。習近平総書記は第7代中華人民共和国主席として多大な影響力を持つ人物であり、嘘ではなく事実ならば、今回の入院が国際政治に甚大なダメージを与える可能性が示唆されている。

・習近平総書記が脳動脈瘤を患い入院か

習近平総書記の入院を報じているのは、中華圏向けのニュースメディア「路徳」(ルドゥ)。その公式YouTubeチャンネルにて大々的に习近平総書記が脳動脈瘤を患い入院していると報じ、世界的規模で注目を集めているのである。

・命を落とす危険性が高い「くも膜下出血」

習近平総書記は以前から健康面に部分を心配する声が出ていたが、脳動脈瘤で入院したことが事実であれば、極めて危険な状態の可能性がある。脳動脈瘤で血管が破裂した場合、命を落とす危険性が高い「くも膜下出血」を引き起こすこともあり得る。

xi-jinping-hospitalized-for-cerebral-aneurysm2
xi-jinping-hospitalized-for-cerebral-aneurysm3

・入院直前に中国国家緊急事態危機管理室を設立か

一部の報道によると、習近平総書記は脳動脈瘤の治療のため入院する直前に、中国国家緊急事態危機管理室を設立させたという。それが事実ならば習近平総書記がいなくとも、国家としての機能が進められるよう対応したことになる。

・習近平総書記は意識がある状態なのかどうか

現在、習近平総書記に意識があるのかどうか、そもそも入院は事実なのかどうか、その点は不明であり、さらなるエビデンスがある情報が待たれている。誤報や嘘、情報操作の可能性もあるため、現時点で、「習近平が入院した」という情報は確定された事実と思わないほうが良いだろう。

・中国国民に「くまのプーさん」と呼ばれ愛される

習近平総書記は中国国民に「くまのプーさん」という愛称で呼ばれることもあり、カリスマ性と人気のある人物でもある。そんな習近平総書記が危険な状態なのであれば、今後、中国国内だけでなく、香港や台湾、そのほかの周辺国に多大な影響を与えるのは間違いない。







もっと詳しく読む: 【衝撃】习近平総書記が脳動脈瘤で入院したとの緊急報道 / 事実なら「くも膜下出血」で命の危険も(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/12/29/xi-jinping-hospitalized-for-cerebral-aneurysm/

Photo: Palacio do Planalto

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。