【炎上】令和納豆で納豆食べただけで警察呼ばれた客 / 店が「違う客」と勘違いして通報か

令和納豆


令和納豆は、茨城県水戸市に店舗を構える納豆専門店として知られている。水戸といえば水戸納豆が有名だが、水戸納豆以外の日本各地の納豆が食べられる食堂としても注目されているが、そんな令和納豆で警察沙汰のトラブルが発生し、物議を醸している。

・ただ納豆を食べていただけで悪人のごとく対応

2021年3月18日(木曜日)午前8時ごろ、Twitterユーザーの「Miyuu」さんが令和納豆で納豆を食べていたところ、突然、店員に外に出るように言われ、店員から「まったく身に覚えがない罪」を追及されたというのだ。さらに警察に通報され、ただ納豆を食べていただけなのに悪人のごとく対応されたようである。

・多くの人が令和納豆の意味不明な対応に怒り

この警察沙汰のトラブルをMiyuuさんが自身のTwitterで激白。すると「令和納豆で納豆を食べただけで警察を呼ばれた」という情報が拡散し、TwitterやYahoo!のトレンドに入るほどの注目を集め、令和納豆が大炎上。多くの人たちが令和納豆の意味不明な対応に怒りの声をあげている。

・悪意の人と勘違いし警察に通報か

確かに、納豆を食べただけで警察を呼ぶのは、どう考えてもおかしい。そんななか、新たな情報が浮上した。令和納豆は、インターネット上で令和納豆を揶揄したり炎上狙いをしている悪意の人をロックオンしていた可能性が浮上。Miyuuさんを悪意の人と勘違いし、警察に通報した可能性が出てきたのである。それが事実ならば、Miyuuさんは無実の被害者なのは確定だ。









・事実ならば令和納豆は極めて雑であり非常識

令和納豆はMiyuuさんを悪意ある人と決めつけ、警察を呼んだことが事実であれば、非常に酷い展開であり、飲食店として致命的な行為なのは間違いない。たとえ客が悪意ある人だったとしても、慎重に慎重を重ねて対応することが平穏に営業を続けることに繋がるのは言うまでもなく、今回の対応が事実ならば、極めて雑であり非常識だ。

・客商売をしているなら対応も慎重に

さらに、令和納豆がロックオンしていた人(Miyuuさんとは違う人)も、本当に悪意があったのか? 令和納豆が疑心暗鬼になり、過敏になっているだけではないか? そもそも悪意があったとしても警察を呼ぶほどなのか? その度合いは人や店のポリシーによって違うかもしれないが、客商売をしている以上、そのあたりの対応も慎重にしていくべきかもしれない。

・炎上を繰り返す令和納豆

令和納豆は今まで複数回、炎上を繰り返してきている。クラウドファンディングでお金を出してくれた支援者に返礼品として渡した「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」を没収し、支援者に訴えられて裁判沙汰にもなった。

納豆塩に「血圧が下がる作用」があるかのように表記して販売し、それも大炎上した。美肌効果や整腸効果が期待できるとした納豆菌入りバイオチョコレートも販売したが、これも大炎上して猛烈なバッシングの嵐となった。

令和納豆のスタッフは「水戸っぽ」という言葉をご存じだろうか。水戸っぽに関してWikipediaには「理屈っぽい・怒りっぽい・骨っぽい」を表す言葉と書かれている。今までの客や商品に対する心構えは水戸っぽではなかっただろうか。どうして炎上してしまうのか。意味のないプライドを捨て、他者を否定しない姿勢で根本的な部分から客商売を考えたほうが良いのは確かだ。






もっと詳しく読む: 【炎上】令和納豆で納豆食べただけで警察呼ばれた客 / 店が「違う客」と勘違いして通報か(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/03/18/reiwa-natto-call-the-police-news/

※冒頭画像は警察のイメージです

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。