【話題】令和納豆が免疫力が向上する「納豆肉」を開発中か / 開発のため小規模事業者持続化補助金を受け取った可能性

令和納豆


令和納豆は株式会社納豆が運営している納豆専門食堂としてオープンし、多くの人たちが美味しい納豆を食べるべく同店に訪れていた。しかし、令和納豆の社長である宮下裕任さんが突如として2021年6月30日に閉店する可能性を示唆。多くの人たちが衝撃を受けている。

・パスポートを一方的に取り上げられた

令和納豆はオープン前に、運営資金を集めるためクラウドファンディングを実施。1万円を支援してくれた人たち約1100人に対して、一生納豆定食が無料となるパスポートを配布した。その後「パスポートを一方的に取り上げられた」と訴える人たちが現れ、裁判になるなど、炎上トラブルが発生。ほかにも「納豆を食べていただけで警察を呼ばれた客」など、複数の炎上が連続して発生していた。

・一連のトラベルに関して謝罪

そんななか、宮下裕任さんが「令和納豆に関する一連の騒動について」「令和納豆の閉店と全額返金について」という2本の動画を公開。そのなかで、一連のトラベルに関して謝罪し、2021年6月30日に閉店する可能性があることを示唆した。



・現在も免疫力が向上する納豆肉の開発中か

そんななか、令和納豆に関する「ある部分」に注目が集まりつつある。令和納豆は免疫力が向上する納豆肉の開発のため、コロナ特別対応型小規模事業者持続化補助金を申請しており、その補助金を受け取っていたならば、いま現在も免疫力が向上する納豆肉の開発が進められているはずだからだ。

・免疫力が向上する納豆肉の開発はどうなるのか

令和納豆はコロナ特別対応型小規模事業者持続化補助金の申請に際して「免疫力向上! 納豆肉の開発によるEC展開とテイクアウト」と説明している。免疫力が向上する納豆肉の開発と、そのためのECサイト作りとテイクアウト展開のため、コロナ特別対応型小規模事業者持続化補助金を使用するようだが、もし2021年6月30日に閉店する場合、この免疫力が向上する納豆肉の開発はどうなるのか、そして補助金はどうなるのか、その点が不明瞭である。ちなみに、経済産業省と日本商工会議所によると持続化補助金は以下のようなものだという。

<経済産業省による持続化補助金説明>
「持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます」(経済産業省公式サイトより引用)

<日本商工会議所による持続化補助金説明>
「小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者 保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産 業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします」

<日本商工会議所による持続化補助金不正受給説明>
1. 補助金の申請者(手続代行者含む)が補助金事務局に提出する書類には、いかなる理由があってもその内容に虚偽の記述があってはなりません。「補助事業等の成果の報告をしなかった」場合や「虚偽の報告をし、検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は質問に対して答弁せず、若しくは虚偽の答弁をした」場合には、三万円以下の罰金に処せられます。補助金等適正化法第31条第2項、第3項

2.「偽りその他不正の手段により」補助金の交付を受けた場合は、「五年以下の懲役」もしくは「百万円以下の罰金」に処し、または併科されます。補助金等適正化法第29条第1項

3. そのほか、不正の内容に応じて、交付要綱等に基づき、補助金の交付決定の取消、返還命令、不正の内容等の公表といった処分が科されることがあります(日本商工会議所公式サイトより引用)

<株式会社納豆が申請した補助金の使い道>
免疫力が向上する納豆肉の開発費
免疫力が向上する納豆肉の販売ECサイト開発費
免疫力が向上する納豆肉のテイクアウト展開費


・安易に閉店するのは極めてもったいない

令和納豆は数々の炎上を繰り返してきた。多くの人たちから反感を買い、敵視すらされている状態である。しかし、せっかく令和納豆という店舗をかまえ、免疫力が向上する納豆肉の開発も進めているのであれば、安易に閉店するのは極めてもったいないことなのではないだろうか。

もちろん、コロナ特別対応型小規模事業者持続化補助金を受け取らず、免疫力が向上する納豆肉の開発をしていない可能性もあるが……。真相は不明なままだが、いらぬ誤解を受けないためにも、詳細な説明が必要だろう。

・宮下裕任さんから説明があるはず

ちなみに、宮下裕任さんは多くの人から寄せられた質問すべてに目を通し、ひとつひとつ、丁寧に返答をしていくという。この免疫力が向上する納豆肉の開発と、開発に伴うコロナ特別対応型小規模事業者持続化補助金に関しても説明があるはずだ。




もっと詳しく読む: 【話題】令和納豆が免疫力が向上する「納豆肉」を開発中か / 開発のため小規模事業者持続化補助金を受け取った可能性(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/04/21/reiwa-natto-meat-subsidy-news/

※冒頭画像はお金のイメージです

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。