【問題視】タイムズカーシェアがありえないトラブルで大炎上 / 利用者が問い合わせても謝らず「予定狂う」

タイムズカーシェア


カーシェアサービスが日本全国で一般化し、利用者が増え続ている。オリックス、dカーシェア、Anyca、カレコ、トヨタ、さまざまなカーシェアサービスが存在するが、特に人気なのがタイムズのカーシェアリングサービス「タイムズカー」だ。

・タイムズカーシェアがタイムズカーに改名

かつてタイムズカーシェアという名称だったが、現在はタイムズカーとしてカーシェアリングサービスを運営している。日本各地に無数にあるタイムズの駐車場をシェアカーの駐車場として使用できることもあり、シェアカーの台数は他社に負けない。

・乗るはずのシェアカーがない!

そんなタイムズカーでトラブルが発生したとして、利用者が苦悩を吐露している。タイムズカーを利用するため予約したシェアカーがある場所まで行ったが、そこにシェアカーがなかったという。問い合わせてみると、乗るはずのシェアカーは前利用者によってはるか遠くで返却されていた。そのため、シェアカーに乗ることが出来ず、予定が狂ったという。これが事実なのであれば、利用者として非常に厳しいものがある。

・利用者のTwitterコメント

「タイムズのカーシェアを1ヶ月前から予約してて、前日にも改めてその日は他の人の予約も入ってないこと確認してたのに。いざ借りようと駐車場行ったら車がなかった\(^o^)/タイムズに問い合わせたら、返却済みになってるって言われて、でもないものはないから位置情報見てもらったら」

「すごい離れたところにありますね~って言われて、え?と。車ないと困るから、1ヶ月前から確認して予約してたのにって言ったけど、近くに空いてる車両もないしどうしようもないってさ。車ないから結局元の予定は行けなくなってキャンセルしなくちゃいけなくて無駄にお金だけかかってさ」

「このトラブルは前の利用者の責任だから、タイムズの責任じゃりませんのでって言われて、なんの保証もお詫びの言葉もなしって…タイムズの管理と対応どうなってんの\(^o^)/? こういう事がないように前の予約も確認してたけど、3日以上前にしか予約は入ってなかったんだよね」



・モラルなき利用者が好き勝手に別の駐車場に返却

タイムズカーで借りたシェアカーは、借りた場所に返却するルールとなっている。GPS等の機能によって、シェアカーが返却する駐車場の近くになると音声でドライバーにアナウンスもしてくれる。しかし、返却するべき駐車場以外の場所で返却できてしまうシステムなのであれば、それは大問題だ。モラルなき利用者が好き勝手に別の駐車場に返却できてしまうからだ。

・誰に責任が発生するのか

どうして、返却すべき駐車場以外の場所で返却手続きされてしまったのか。事実ならば、その原因がどこにあるかによって、誰に責任が発生するのか、大きく着地点が変わってくる可能性もある。

今回、トラブルに巻き込まれた利用者がタイムズカーに問い合わせても、いっさい謝られることはなかったという。もちろんタイムズカーの利用規約に沿った責任の着地になると思われるが、どうであれ、何の罪もない利用者が、無法者のせいで損をする展開になっているともいえるだろう。





もっと詳しく読む: 【問題視】タイムズカーシェアがありえないトラブルで大炎上 / 利用者が問い合わせても謝らず(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/05/13/trouble-with-car-sharing-service-news/

※冒頭画像はイメージです

yamashiro

繊細見にえて、実はぶっきらぼうな男子。カメラを持って街を歩くのが好き。