【衝撃】週刊新潮がホテル女性メッタ刺し事件で逮捕された19歳少年の実名・顔写真を公開へ / 第二の元少年A誕生か

19歳少年

2021年6月1日15:45ごろ、東京都のJR立川駅近くのホテルで女性が刃物でめった刺しにされ他界した。ホテル5階の客室で女性が刺されており、通路で男性が刺されていたとされている。刺されたふたりは血だらけの状態で、女性は命を落としたが、男性の命は助かった。

・人気週刊誌「週刊新潮」に逮捕の19歳少年の写真か

凶悪ともいえる行為で女性の命を奪った犯人は19歳の少年で、法的に顔写真や名前は伏せられている。しかし、2021年6月10日(木曜日)に発売予定の人気週刊誌「週刊新潮」に逮捕された19歳少年の顔写真と名前が掲載されるとの情報がマスコミ関係者から入ってきた。

・19歳少年の顔写真と名前を公開か

情報によると、週刊新潮の誌面にはページ全体ともいえるサイズで19歳少年の顔写真を掲載しているという。そこには本名も掲載されているらしく、中学校時代の卒業アルバムと推測される。

・少年法に反するが重大事件を鑑みた可能性

また、19歳少年の卒業文集も誌面に掲載しているとのこと。この情報が事実ならば、犯人とはいえ19歳少年の名前と写真を公開する行為は少年法に反していることになるが、事件の重大性と凶悪性を鑑みて報じたものと推測できる。



・酒鬼薔薇聖斗事件と同じ道「快哉な未来があったはず」

メディア関係者の加藤氏は、19歳少年の本名と顔写真が広まることにより、「第二の元少年Aになりえる」と語る。もし本当に週刊新潮に19歳少年の顔写真と氏名が掲載されているのであれば、第二の元少年Aが誕生する展開となってもおかしくはないという。

1997年に起きた酒鬼薔薇聖斗事件の犯人は少年だったが、のちの報道やインターネット上で本名や顔写真などが広まり、いまだに「潜伏生活」ともいえる状態になっていると言われている。ここ数年の間でも元少年Aを追いかける複数のマスコミがおり、写真を掲載するなどして記事が報じられている。

今回の事件、19歳ならば、これから可能性に満ちた未来があり、快哉な日々を過ごせる将来もあり得たはず。どうして彼は女性の命を奪ってしまったのか。

・人の命を奪う行為は凶悪

たとえ19歳であろうとも、たとえ未成年であろうとも、人の命を奪う行為は凶悪であり、ましてや、人の所業とは思えないメッタ刺しという行為は理解できない悪魔的行為だ。今後、19歳少年はどのような人生を送っていくのか。多くの人が注目する展開になるのは間違いない。



もっと詳しく読む: 【衝撃】週刊新潮がホテル女性メッタ刺し事件で逮捕された19歳少年の実名・顔写真を公開へ / 第二の元少年A誕生か(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/06/09/19year-old-boy-arrested-news/