【悲報】東京オリンピックの開会式がショボすぎて苦笑の大炎上 / 退屈すぎて「安心してトイレに行ける」「海外からもつまらない」

TOKYO2020


東京オリンピックの開会式が2021年7月23日に開催されたが、世界中の人たちが期待するなか、あまりにも演出がショボすぎて、多くの人たちが落胆し、苦笑している状態となっている。インターネット上でも複数の人たちからブーイングが出ているような状態だ。

・予算的に低い内容になってしまった?

開会式や閉会式にお金をかけたからと言って、良い内容になるとは限らない。しかし、多くの人たちが開会式の炎暑つがしょぼいと感じているのは事実であり、お金をかけていない感も感じているようだ。

中止を視野に入れて演出を立て直したため、予算的に低い内容になってしまったのではないかとの声もあるが、はたしてどうなのか。インターネット上では多くの人たちが苦言を呈しており、海外でもテレビで東京オリンピックを見ている外国人から「つまらない」等の文句が出ているとの報告があった。



・何らかの「問題」があったと考えるのが妥当

オリンピックはスポーツの祭典であり、開会式の演出がメインという訳ではない。しかし、開会されるたびに開催国が開会式に力を入れ、あるゆる技術で演出をしてきた。そして自国の技術力や文化を広く伝えてきた。それを考えて踏まえれば、今回の東京オリンピックがショボく感じてしまうのは、何らかの「問題」があったと考えるのが妥当だろう。

とある男性は「演出がショボいからつまらないので安心してトレイに行ける」と話していた。東京オリンピックはそんなことまで言わせて良いのだろうか……。

・閉会式に対して期待しない人は多い?

はたして、閉会式はどのような内容になるのだろうか。開会式で多くの人たちがガッカリしてしまった以上、閉会式に対して期待しない人も多いだろうが、名誉挽回として、開会式だけでも「スゴイ!!」と言われるものにして欲しいものだ。皆さんは、今回の開会式をどう感じただろうか。


もっと詳しく読む: 【悲報】東京オリンピックの開会式がショボすぎて苦笑の大炎上 / 退屈すぎて「安心してトイレに行ける」「海外からもつまらない」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/07/23/poor-opening-ceremony-of-the-tokyo-olympics/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。