【注目】auが「povo2.0」発表で0円契約が可能に! しかし大きな落とし穴に注意「povoより退化してる部分アリ」

povo2.0

auが新ブランドとして立ち上げた「povo」(ポヴォ)。従来の相場よりも格段に安い税込2728円という価格ながら、1か月20GBもの大容量を使用できることで注目を浴びた。そして2021年9月13日(月曜日)、新たな「povo」のプランを発表した。

・auが新プラン「povo2.0」を発表

auが新たに発表したのは「povo2.0」と称した新プラン。なんと基本料は0円。しかし高速通信の容量も0GBの状態なので、ユーザーは1GB、3GB、20GBなど、トッピングをプラスすることで自分に合わせたプランに仕上げていく。アイスクリーム屋でたとえると「カップは無料だけどアイスは有料だよ」ということだろうか。

・ネットを使う人は有料トッピングを追加

ほとんどネットを使わない人は基本料0円のまま、ネットを使う人は有料トッピングを追加していくというプランとなっている。トッピングの価格は1GB390円、3GB990円、20GB2700円、60GB6490円、150GB12980円となっている。

「使わなきゃ0円いいじゃん!! 使っても安いじゃん!!」と思うかもしれないが、いくつか注意点が必要だし、疑問に思わされる部分がある。ここから先、auにとって耳が痛いことが書かれているが、auが嫌いなのではなく、消費者目線の立場で考え、auに忖度しないだけなのでご理解いただきたい。

<povo基本データ>

月額基本料: 2728円

月間データ容量: 20GB

超過時の通信速度: 最大1Mbps

国内通話料: 30秒あたり22円

国内SMS利用料: 送信1通あたり3.3円(受信無料)

<povo2.0基本データ>

月額基本料: 0円

月間データ容量: 0GB(有料トッピングで高速通信容量を増やせる)

通信速度: 最大128kbps(有料トッピング残量アリの場合は高速)

国内通話料: 30秒あたり22円

国内SMS利用料: 送信1通あたり3.3円(受信無料)

<トッピング料金>

1GB: 390円

3GB: 990円

20GB: 2700円

60GB: 6490円

150GB: 12980円

5分通話カケホ 550円

完全カケホ: 1650円

※価格はすべて税込







・さほどユーザーに恩恵がない新プラン

忖度ナシでハッキリ言ってしまえば「povo2.0」はユーザーに寄り添うプランを提示しているふりをしているだけで、実質、さほどユーザーに恩恵がない新プランであるといえる。KDDI Digital Life 秋山敏郎社長は「お客さまがご自身のライフスタイルに合わせてカスタマイズできる自由なプランが実現できました」とコメントしているが、本心だろうか。

・「povo2.0」最大の落とし穴は128kbps

povoはデータ容量の超過時の通信速度が1Mbpsであり、速度は遅いものの、ネットができないほど遅すぎるものではなかった。むしろ、128Kbpsや300Kbpsなどの低速になってしまう他社プランが多いなか、超過時でも1Mbpsのスピードが出ることは大きなメリットとなっていた。

しかし、今回の「povo2.0」は0円とはいえ最初から最大128kbpsであり、トッピングを追加したとしてもデータ超過後には通信スピードが最大128kbpsとなる。つまり、従来の「povo」より通信速度が大幅に退化しているのである。

<ネットスピードの体感>

128kbps → ネット不可能と思って良いレベル

300kbps → ストレスたまるがネットはできる

1Mbps → そこそこネットできる

1.5Mbps → 思ったよりネットできる

3Mbps → 満足



・たったの7日間で期限切れ

また、有料トッピングで追加できる高速データ通信が可能な容量だが、1GBの場合、たったの7日間で期限切れとなり、使えなくなってしまう。3GBと20GBでは期限が30日間で、従来の「povo」となんら変わりない。

・今まで快適だったスマホライフがつらいものに

おわかりだろうか。「povo2.0」は「Povo」より退化している。本当に「povo2.0」で恩恵がある人は、「ネットは使わないけど電話番号を維持したい人」だけではないだろうか。そして安易に「povo2.0」に乗り換えてしまうと、今まで快適だったスマホライフがつらいものになるかもしれない。

auユーザーは「ユーザーの為というより、povoをauにとって得するプランに修正したいため、あたかもユーザーが得するかのような詭弁でユーザーが損をするプランを提示してきた気がする」と語っていた。

<注意点>

povo → povo2.0は超過時の速度が1Mbpsから128Kbpsになる

トッピングのデータ増量は期限付き

povoの人はpovo2.0にしないほうが良いかもしれない

<povo2.0が向いている人>

ネットは使わないけど電話番号を保持したい人

電話はかけないけど受けることが多い人

・auは日本の通信業界を牽引する偉大なキャリア

ちなみに、現時点で最強プランは「楽天とmineoのデュアルSIM持ち+auスマートパスプレミアム」または「mineo+auスマートパスプレミアム」のふたつであることが判明している。

auは日本の通信業界を牽引する偉大なキャリアだ。それであれば、詭弁と錯覚でユーザーを取り込むようなプランは出さないで頂きたい。



もっと詳しく読む: 【注目】auが「povo2.0」発表で0円契約が可能に! しかし大きな落とし穴に注意「povoより退化してる部分アリ」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/09/13/au-povo2-speed-news/