【問題視】山手線52時間運休でモンスタークレーマーの出現を危惧 / 駅員と乗客は自身の命を第一優先に

山手線運休


JR東日本によると、2021年10月23日(土)始発から2021年10月24日(日)終電まで、山手線の内回り「池袋→渋谷→大崎」区間のすべての列車を運休するという。これはJR渋谷駅の拡張工事によるもので、電車移動する人たちにとって大きな影響が出るのは避けられない。

・山手線外回りの列車の本数も減る予定

また、山手線内回りの一部運休だけでなく、外回りの列車の本数も減る予定であり、もし電車を使用した外出を予定しているのであれば、別ルートをしっかり決めたうえで、かなり時間に余裕をもって出発したほうが良いだろう。「間に合わず予定時刻に遅刻した」「たどり着けなかった」「混雑してて疲弊した」なんてこともありえる。

・暴力をふるうモンスタークレーマーの出現も危惧

しかし、ここで問題視されている点がもうひとつある。モンスタークレーマーの出現だ。山手線が運休したことにより、ブチギレ激怒した乗客が駅員に対して理不尽なクレームをつけてくる可能性があると言われている。クレームや暴言だけでなく、暴力をふるうモンスタークレーマーの出現も危惧されている。


・すぐさま通報したほうが良い

運休は土日であり、大多数の人が通勤通学する平日ではないものの、かなりの混乱が予想されている。予定が狂ったり、遠回りしなくてはならないことにイライラし、駅員や他の乗客にブチギレ激怒する人がいた場合、すぐさま通報したほうが良いかもしれない。モンスタークレーマーに襲われないように、駅員と乗客は自分の命を第一優先に考えて行動するべきだ。

・モンスタークレーマーの怒りに巻き込まれないように!!

このような通常ではないイレギュラーな状態の日は外出しないのがいちばんかもしれないが、どうしても外出しなくてはならない人は、混雑や事故だけでなく、モンスタークレーマーの怒りに巻き込まれないよう、しっかりガードをかためたほうが良いのは確かである。




もっと詳しく読む: 【問題視】山手線52時間運休でモンスタークレーマーの出現を危惧 / 駅員の命を守るにはどうすればよいか?(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/10/22/jr-yamanote-line-is-suspended-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。