『スター・ウォーズ』のトルーパーは最初「突撃隊員」という名だった! 直訳してパンフレットに掲載か


sw1

『スター・ウォーズ』でダースベイダーの手下として登場するストーム・トルーパー。白い装甲服を着用し、その顔を見ることは出来ない。しかし、中に入っている人間はジャンゴ・フェットのクローンだという説がある。

そのストーム・トルーパー、『スター・ウォーズ』エピソード4の日本公開時は「突撃隊員」という名だったのをご存じだろうか?

当時の公式パンフレットにも突撃隊員とはっきり書かれている。

公式パンフレットによると、突撃隊員達は「冷淡に人権を無視してきびしい法律で市民を取り締まる」との事。

いま思い返せば、突撃してくるシーンによく登場する。だから突撃隊員という名なのだろうか? だが、理由は他にあるようだ。

ストーム・トルーパー(Storm troopers)を日本語に直訳すると突撃隊員となる。よって、パンフレットの担当者(映画配給会社スタッフ?)が直訳して突撃隊員と書いてしまった可能性があるのだ。

あまりにも直訳しすぎ!

もっとかっこ良い名前があると思うのだが、『スター・ウォーズ』エピソード4はシリーズの中で最初に上映された作品。日本では、設定や世界観をあまり深く考えていなかったのかも知れない。

By 八幡

記事: Buzz+(バズプラス)

sw

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

エンタメ情報の新着記事一覧