【実験】ポテトチップスを一日中ずっと食べまくった結果

ごはんだいじ


crisps2

みんな大好き「ポテトチップ」。コーラと並んで不健康な食品の代表格でもあり、子供の頃にはあまり食べさせてもらえなかった人も多いはず。しかしもしもルールや制限がなく、だれにもとがめられることもなく、一日中食べられるとしたら…科学者であり学者でもある、無類のポテトチップス好き女性が実験した、1日の詳細な記録がこれである。

・まずは心構え

「ステージの真ん中に立っている私に、みんながお金を投げてくれるなら、そりゃ100袋食べられる自信があるけど、私はユーチューバーでもないし、面白おかしくしようとしてるわけじゃない。1日に何袋食べられるかではなく、もし結果やルールのない天国のようなところにいたらどうなるのか。私は科学者で学者でもあるから。1つのことに着目するわ。内部の獣に立ち向かう気分よ」

・午前10時

crisps14(参照:wikipedia)

10時起床。朝食はボウル1杯のおかゆとココナッツウォーター、そしてビーフスペースレイダーズを2袋食べる。急にこの先が思いやられたので、もし今日30袋食べたら何が起きる?と栄養士であるピクシーさんにメールをする。のどの渇き、頭痛の可能性があり、ややお腹の張りが感じられると思うとのこと。

「すこし不快感はあるかもしれないけど、長期的な害の可能性はない」とのこと。ふぅ。

・午前11時19分

crisps12

体調不良の恐怖にさいなまれながらも、すでにソルトアンドビネガーへの渇望がすごい。ウォーカー1袋を食べる。いままでで一番多く食べた記録は6袋だけど、この食べ放題方式だったらファミリーサイズ4袋くらいかな。2年前、フリーランスになったとたんに歩数計は5桁→2桁へ。ああ、ピクシーにも伝えるべきだったかしら。

・午前11時44分

crisps11

シーブルックスウスターソースフレーバーが食べたくてたまらない。ウスターソースのポテトチップスがガンの原因になるといって2000年代初頭に中止されたことをぼんやりと思い出しているけど、もはやどうでもいい。

・午後12時27分

crisps9

ウォーカーズチーズ&オニオンを食べる。他のものも食べてもいいことにしているはずなのに、なにも食べたくないことに気づいた。2時間半でもう5袋を完食している。なにも怖くないと思っていた自分が愚かしい。5分後に袋が空になった瞬間、すぐさま別の袋が欲しくなった。(実験の趣旨にあってはないけど)そこは自制した。

・午後3時

crisps10

もうきりがつけられないので、昼食としてサンドイッチとウォーカーズシュリンプカクテル味1袋をむさぼり食う。変な形のチップスを発見。小学生の時のようなうれしい気分になる。

・午後4時30分

crisps7

お菓子を一握り、青りんご、コップ一杯の水。ビーフフラフープをボウルいっぱいに入れてフォークで食べることにした。座っていると左腕が痛くなってきたから、死についてググってみる。3年間、1日15袋ポテトチップスを食べ続けた女性についての記事を発見。彼女はその結果、テニスボールほどの胆嚢を取り除いたとあるけれど、胆嚢の大きさがわからないので、まあいいかってなった。

・午後5時

crisps8

急に部屋を掃除し、エアロバイクに乗りたくなり、洗濯物を片付けたくなり、歯を磨きたくなる。なんだこれは。

・午後5時56分

crisps6

特に何もしなかったが、キッチンの流しを少し磨いたりした。ポンベアーを食べる。そしてその後にも1袋。夕暮れになるにしたがって、私のあまのじゃくさは減ってきてるようだ。

・午後6時5分

crisps5

センセーションを1袋食べる。歯に詰まったあの「感覚」からその名がついたらしい。

・午後7時

crisps4

茄子のパスタとガーリックブレッド。おいしい!いま確実にポテトチップスを食べることはできるけど、ここは身体の声を聴いてミュラーコーナー(健康ヨーグルト)を食べた。ハンコックという映画を心から楽しんでいる。きっと化学物質が脳になにか作用しているんだと思う。

・午後9時

crisps13

ドリトス3袋をトレイに置き、チーズをかけてオーブンで焼く。サワークリームとサルサで少しずつ食べながら、あとの2袋を数時間かけて食べる。

・結果発表

なんとこれで、11時間で合計12袋を完食。そのうちの3袋はファミリーサイズで2倍の量だから、15袋食べたと言っていい。純粋にポテトチップスだけで1日の推奨飽和脂肪摂取量の少なくとも150%を摂取したことになるけど、もっと多く食べられたなとも思う。でも「ジャンクの喜び」は「それを無意識に食べること」であり、数える行為はポテトチップ文化に反するかな?とも思う。

・身体はうそをつかない

人間には「慣れ」というものがあり、私たちが自分で食べることを許可すればするほど、食べ物は刺激的ではなくなるという。しかし時間の経過とともに、新鮮な果物や野菜がバランスを見つける方法に気づきはじめるという。飽食と偏食が、カラダを元のあるべき姿に戻らせるというのが面白いところだ。


もっと詳しく読む: 【実験】ポテトチップスを一日中ずっと食べまくった結果(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2022/02/08/all-day-chips/

参照: Vice