【衝撃】ブドウを甘いまま数倍長持ちさせる方法が凄い / 甘くて腐らなくてハリも残る裏技


budou1

ブドウって美味しいですよね。マスカット、デラウェア、甲州、巨峰などなど、複数のブドウが多くの人たちに食べられていますが、「どうしても腐らせちゃう」「カビちゃう」「潰れちゃう」という人いませんか?

・場合によっては通常の数倍も長持ち
もしブドウの甘さを劣化させないまま鮮度を保ち、長期保存したいならば、この裏技を使うとよいかもしれませんよ。この裏技によって、場合によっては通常の数倍も長持ちし、さらに甘さも劣化しないと言われています。

・腐ったり甘さが減る原因とは
その方法は簡単。実と枝の付け根あたりをハサミでチョキンと切断し、房から切り離して保存しておくと、ブドウの甘さが劣化せず、さらに長持ちするのです。ブドウの実から1~2ミリほど上あたりの枝を切断するとよいでしょう。腐ったり甘さが減るのは、枝が実についていることが原因なのです。


budou

・ブドウを房から切り離すメリット
1. 甘さが劣化しにくくなる
実が枝と繋がっていることで実の甘さが流れてしまうのか、美味しさが衰えてしまうと言われています。切断することで、甘さの減りを抑えることが可能です。

2. カビにくくなる
ブドウがカビ始めるほとんどの場合が枝からです。ですので枝から切り離すことにより、必然的にカビの発生を抑えることができます。

3. 腐りにくくなる
枝から切り離すことでカビが実に移りにくくなるので、必然的に実が腐りにくくなります。衛生的にも、腐敗的にも、ダブルでメリットがあるのです。

4. 潰れにくくなる
房に繋がったままだと実が重量によって潰れやすくなります。皮が薄かったり、実が柔らかいなど、実がデリケートなブドウほど重量で潰れやすくなります。房から切り離すことで潰れるのを防げるのです。

・万単位の高級品種
ブドウはチープな価格のものもあれば、数千円するものまであります。なかには万単位の高級品種もあるほど、そのバリエーションはさまざま。いつでも美味しい状態で食べられるよう、ちょっと工夫してみてください。

budou2

もっと詳しく読む: ブドウの甘さを保ちつつ数倍長持ちさせる方法が凄い / 甘くて腐らなくてハリも残る裏技(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/09/19/how-to-preserve-grapes-news/

Buzzplus

バズプラスニュースの最新情報を受け取る

  

雑学・まめ知識の新着記事一覧