【衝撃】海外では絶対に通じないクルマ用語がヤバイ / ハンドルもウインカーも通じない

クルマの常識と非常識


kuruma2

クルマって楽しいですよね。でもクルマの事をよく知らない人は多いようです。たとえばクルマの各部分の名称ですが、その多くが和製英語で、海外では通じない用語だということをご存知でしたか。ハンドルもウインカーも、基本的に海外では通じません。

・多くのクルマ用語は通じません

もちろん、海外のかたでも日本語に詳しい人や、「がんばって連想して理解する」というパターンはあるかもしれませんが、基本的に日本で使用されている多くのクルマ用語は通じません。では、その一部をご紹介しましょう。

・海外では通じないクルマ用語

ハンドル: ステアリングホイール
ウインカー: ターンシグナル
クラクション: ホーン
アクセル: ガスペダル
ボンネット: エンジンフード
トランク: カーゴルーム
ドアミラー: サイドビューミラー

kuruma

・海外で正しいクルマ用語を使おう

海外に行った際、国際免許証でレンタカーに乗る人もいると思いますが、クルマ用語を誰かに伝える際、海外で通じる用語で話すことを心がけたほうがよいかもしれません。いろいろとトラブルを避けることができるはずです。

・ほかにもたくさんのクルマ用語が存在

また、これ以外にも日本でしか通用しないクルマ用語が存在します。これを機に海外で通じるクルマ用語を調べてみるとよいかもしれませんね。

もっと詳しく読む: 海外では絶対に通じないクルマ用語がヤバイ / ハンドルもウインカーも通じない(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/09/terms-created-in-japan-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。