【衝撃】900年前の書物に残された「猫の足跡」が発見される / インクを踏んで歩いたため

Cat footprints in books


sugoiniteru

900年ほど前、つまり1100年ほど以前に執筆された書物のなかに、の足跡が残されていた事が判明し、世界中の学者たちが「ほっこり」している。

・猫の足跡が残っている

その書物はインクの手書きで書かれたもので、そこに猫の足跡が残っていることから、筆者が執筆中、飼い猫が甘えてきて、原稿の上を歩いたのだと思われる。しかもインクを踏んでから。

・やり直しというパターンもあるはず

いまの時代、手書きをじっくりとする機会は激減していると思われるが、日本でも同様の問題に直面した人は少なくないと思われる。猫が踏んだおかげで、もう一度最初からやり直しというパターンもあるはずだ。

cats-book1
cats-book3
cats-book2

・書物の猫の足跡に心を癒やされている

今回の猫の足跡は、本来ならば書き直しても良い部分ではあるものの、あえて、猫の足跡を残したまま完成させた執筆者。そこには芸術性と遊び心が含まれており、多くの人たちが、この書物の猫の足跡に心を癒やされているようである。

・言葉とは違った「魔法の足跡」

あなたにも、猫の足跡が残されている作品が残っているのではないだろうか。かつて飼っていた猫、そしていまも一緒に生活を続けている猫、それらニャンコたちの足跡は、言葉とは違った「魔法の足跡」といえるかもしれない。

cats-book1

もっと詳しく読む: 900年前の書物に残された「猫の足跡」が発見される / インクを踏んで歩いたため(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/09/12/cat-footprints-in-books-news/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。