【マーベルニュース】スパイダーマンはソニー世界へと転送されMCUから一時離脱が濃厚

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム


一部の日本人マーベル系ユーチューバーは忖度しているのか何なのか歯切れの悪いこと言ったり、核心に触れないようにしたり、そもそもわかっていないのかもしれないが、欧米のマーベルマニアの間では「スパイダーマンはソニー世界へと転送されMCUから一時離脱する」と言われており、確かに、その可能性が高いようだ。

・他作品と世界観を共有するMCU

現在、トム・ホランド主演でシリーズ化されている「スパイダーマン」シリーズは、マーベルシネマティックユニバース(MCU)という作品群のサークルの中に含まれており、複数の他作品と世界観を共有している。

・特例といっても良いサプライズ貸し出し

権利関係の影響によりマーベル作品は大きく分けてふたつに聞れされており、MCUに属する作品と、ソニー作品に属する作品に分けられる。もともとスパイダーマンシリーズはソニー側に権利がある作品だが、今回は特例といっても良いサプライズとしてMCUに貸し出されている。

ソニー側には、トビー・マグワイアのスパイダーマン、アンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマン、そしてMCUに貸し出されたトム・ホランドのスパイダーマンがある。


・今後は完全ソニー側のキャラクターか

あくまで推測の域を出ることはないが、「トム・ホランドのスパイダーマンをMCUからソニー側に返却してもらい、今後、ソニー側のスパイダーマンとして続編が作られていく」というのが、今後の流れとしてありえるようだ。サービスとしてトム・ホランドのスパイダーマンがMCUに出ることはあるかもしれないが、今後は完全ソニー側のキャラクターになる考えられているわけだ。

・さまざまな作品と世界観を共有するのか

トム・ホランドのスパイダーマンは、ソニー側の作品に大きく絡み、どんどん出演していくともいわれている。「ヴェノム」シリーズ、「XMEN」シリーズなど、さまざまな作品と世界観を共有すると考えられているようだ。さらに「デッドプール」シリーズにも出るとかでないとか……。

また、トム・ホランドのスパイダーマンの最新作の名称が「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」となっているのは、MCUの世界に帰れなくなるという意味を持っていると言われている。はたしてどうなるのか、今から楽しみだ。

ちなみに、今度公開される「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にヴェノムが登場すると言われており、それも事実ならばとても楽しみだ。



もっと詳しく読む: 【マーベルニュース】スパイダーマンはソニー世界へと転送されMCUから一時離脱が濃厚(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/10/08/marvels-spider-man-transfers-to-sony-movie-world/

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
執筆: 桃色のガンダルフ

桃色のガンダルフ

映画館は au マンデイで行くことが多いです(笑)。映画館だと大作の多いSFに偏りがちですが、Netflix、Amazon プライムでは幅広く!それなりの間、映画ライターとして記事を書いてきました。Filmarks にも投稿してますので、よろしければ!