【回転寿司】くら寿司のウマイ「新物うに」「特大切りとろサーモン三種」「ぼたんえび」「大粒赤貝二種」が激しく良き!

くら寿司


人気の回転寿司「くら寿司」が新たに握っている寿司がウマイのでお伝えしたい。くら寿司は新たな寿司をどんどん誕生させているが、なかでも旨いと感じたのが「新物うに」「特大切りとろサーモン三種盛り」「ぼたんえび」「大粒赤貝二種盛り」。実際に食べて確かめたから間違いない。

・濃厚なコクも楽しませてくれる逸品「新物うに」

まず「新物うに」(110円)が素晴らしい。そもそも、質が良いうにを1貫110円で出していること自体が革命的だが、実際に食べてみるとフワッと自然にとろけていき、広がる薫りは「海」そのもの。

薫り高いうにから大海原を思い起こさせ、同時に濃厚なコクも楽しませてくれる逸品。

・旨味濃厚で風味絶佳「特大切りとろサーモン三種盛り」

3貫220円という激安価格でありながら超をつけても良いほどの豪快カットな「特大切りとろサーモン三種盛り」もあなどれない。実物の写真を見て欲しいのだが、大切りすぎてシャリがほとんど見えない。

これだけ豪快にカットしながら旨味濃厚で風味絶佳。生臭さ皆無で感動の一皿。


・繊細で上品な甘味と旨味「ぼたんえび」

もし海老が好きなら絶対に食べて欲しいのが「ぼたんえび」(1貫220円)。1貫は1貫でも有頭。新鮮さのイメージに拍車がかかるのは言うまでもなく、実際に食べても美味。

ツヤツヤで艶やかな海老の身は食べる前から旨味を放つと言っても過言ではなく、食べれば広がる繊細で上品な甘味と旨味。まさに甘美という名がふさわしい。


・爽やかさと海の薫り「大粒赤貝二種盛り」

そして「大粒赤貝二種盛り」はデザイン賞をあげたいほどの美しき造形っぷり。引き締まった身が新鮮さを物語り、醤油を浸して食べれば心地良い爽やかさと海の薫りが広がる。

もし塩で食べるなら、やや多めにふると赤貝の旨味が際立つ。


・くら寿司の本気を味覚で体験したい

2021年10月15日現在、どの寿司もくら寿司で食べることができるが、終売となる期間が定められているそうなので、回転寿司の本気、くら寿司の本気を味覚で体験したい人は早めに食する機会を作ったほうが良いかもしれない。

<食べられる期間を調べました>
新物うに: 2021年10月21日まで
特大切りとろサーモン三種盛り: 2021年10月24日まで
ぼたんえび: 2021年10月24日まで
大粒赤貝二種盛り: 2021年10月24日まで


もっと詳しく読む: 【回転寿司】くら寿司の「新物うに」「特大切りとろサーモン三種」「ぼたんえび」「大粒赤貝二種」が激しくウマい件(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2021/10/15/kura-sushi-news-uni-salmon-shrimp/

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。