【話題】漫画家・佐藤秀峰先生が銃刀法違反容疑か「職質から帰宅まで6時間」

佐藤秀峰先生



・多くのファンを魅了する佐藤秀峰先生

人気漫画「海猿」や「ブラックジャックによろしく」、「Stand by me 描クえもん」などで知られている漫画家、佐藤秀峰先生。彼が描く緻密な絵は、キャラクターの心理だけでなく環境の空気さえも鋭く感じさせ、多くのファンを魅了している。

・釣り用のナイフが銃刀法違反に?

そんな佐藤秀峰先生に、銃刀法違反の容疑がかけられているようだ。これは佐藤秀峰先生自身がSNSで明かしたために判明したもので、クルマにあった釣り用のナイフが銃刀法違反にあたる可能性があるようだ。かつて釣りで使ったものの、ナイフの存在そのものを忘れていたという。

・釣り人たちに情報共有

佐藤秀峰先生はSNSで「釣具を車に積みっぱなしにしている方は、銃刀法違反になる可能性があるので気をつけましょう」と注意喚起し、同様のトラブルが起きないよう、釣り人たちに情報共有している。


・警察の対応に「不条理」「不適切」

佐藤秀峰先生によると、クルマの中だけでなく、自宅にも警察官がやってきて写真撮影されたという。職務質問を受けてから帰宅まで6時間を要したそうだ。

釣り具のナイフで銃刀法違反容疑をかけられる展開。この警察の対応に「不条理」「不適切」「やりすぎ」「横暴」と感じる人もいるかもしれない。

・注意して釣り具を取り扱いたい

釣り具をクルマに積みっぱなしの人は多いのではないだろうか。もし警察に職務質問を受けた際、刃物などの釣り具が見つかれば、銃刀法違反になる可能性がある。佐藤秀峰先生の注意喚起が無駄にならぬよう、注意して釣り具を取り扱いたいものである。



もっと詳しく読む: 【話題】漫画家・佐藤秀峰先生が銃刀法違反容疑か「職質から帰宅まで6時間」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2022/02/04/be-careful-when-using-fishing-gear/

※冒頭画像は警察のイメージです

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。