トラックめいめいドラマ化決定! フジテレビ『トラックガール』主演は乃木坂46・遠藤さくら

トラックめいめい


フジテレビが運営する動画配信サービスFODは、新たなオリジナルドラマ『トラックガール』の制作・配信を予定していることが明らかになった。

トラックめいめい

『トラックガール』は、22歳の女性トラック運転手・トラックめいめいのSNSアカウントを原案としたドラマである。トラックめいめい(@truckmeimei)は、Twitterで30万人、Instagramで8.8万人(2023年5月現在)のフォロワーを持つ人気アカウントで、変わったTシャツを着て仕事後にお酒を豪快に飲む様子がSNS上で話題を集めている。

運送業にまつわるエピソードが展開

新作ドラマは、女性トラック運転手のポジティブな生活と、その陽気な友人たちの日常を描いたハートフルコメディである。亀尾運輸という運送会社を舞台に、主人公・鞍手じゅんがトラック物流業界で果敢に働き、仕事終わりにお酒で一日の疲れを癒す姿を切り取った物語である。

運送業という過酷な職場でこだわりを持って働く鞍手じゅんと、そこで出会った人々との絆、また運送業にまつわるエピソードが展開していく。

乃木坂46の遠藤さくらが抜擢

今回のドラマは、乃木坂46を始めとする多くのアーティストのミュージックビデオや広告などを手掛けてきた林希が、ドラマ初の演出を務める。主人公・鞍手じゅん役には、『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日2022年)でヒロインを演じた乃木坂46の遠藤さくらが抜擢された。

彼女はドラマのモデルである”トラックめいめい”と同年代で、これまでにないガテン系の役を全力で演じる予定である。


Written: Johnny Mnemonic
Image: Press release

Another Writer

世の中のあらゆる情報を、提携した世界中の記者がお届けします。